節分と豆まきの由来は?箱を折り紙で作る!歌と豆まきの歌詞とは?

2月と言えば節分ですね。
毎年なんとなくしている節分の由来や豆まきの由来を
知っていますか?
お子さんに聞かれても困らないように、
節分と豆まきの由来を知っておきましょう!
豆を入れる箱の作り方と歌や歌詞も紹介しますので、
お子さんと一緒に作ったり歌ったりしてみてください(^^)

目次

節分と豆まきの由来は?

意外と知らない、節分と豆まきについての説明をしていきます。
お子さんに聞かれても、これで安心です!

節分の由来
節分は、その名の通り「季節を分ける」という意味があります。
元来は、「節分かれ(せちわかれ)」と言って
立春・立夏・立秋・立冬と1年に4回あり、
それぞれの季節の始まりの日の前日を節分としていました。

それがどうして立春の前日だけを節分と呼ぶようになったのかというと、
立春は1年の始まりとして特に尊んでいたためです。
1年の中で最も特別な節分ということで、いつの日か立春の前日だけを
指すようになったのです。
それが「2月3日」というわけです。

豆まきの由来
昔、日本では中国から伝わった風習で、「邪鬼払い」「厄払い」を
するための「追儺(ついな)」と呼ばれる行事がありました。

その行事の中にあった、鬼の姿をした官職者を災害や疫病などに見立て豆を巻き、
邪鬼や厄を追い払う「豆打ち」が現在の「豆まき」になったと言われています。

その他、豆は「魔滅(まめ)⇒魔を滅する」に通じると考えられ、
鬼(魔)の目(魔目⇒豆)に投げつけたことで鬼を退治することが出来たという
故事伝来によるという説もあります。
「魔滅(まめ)⇒魔を滅する」ことで無病息災を願う意味も持っています。

ちなみに、豆まきに使用する豆は炒った豆でなくてはダメなんです!
「炒る」⇒「射る」⇒「退治する」と言った意味や、火で大豆を炒ることで
「芽が出てこない」⇒「鬼を封じ込める」と言った意味があります。
最後に食べてしまえば、鬼を退治できたことになります。

節分の豆まきの箱を折り紙で作ろう!

節分の豆を入れる箱の作り方は色々あります。
定番のものから、可愛いものまでたくさん!
さっそくご紹介しますね♪

  • さんぽうの作り方

  • かざり箱の作り方

  • はこの作り方

  • 鳥の菓子箱の作り方

  • 犬の菓子箱の作り方

おりがみくらぶさんのサイトに作り方が詳しく載っています!
サイドバーの「節分」や「役に立つ」のメニューをクリックすると
色々な箱の作り方が見れます。

おりがみくらぶさんでは箱の蓋になる鬼やおたふくの作り方もあるので、是非作ってみてくださいね!

節分の歌と豆まきの歌詞とは?

節分の歌で有名なのは、この2つでしょうか。
お子さんと一緒に歌ってくださいね。
Youtubeで曲も確認できます!

【豆まき】

鬼は外 福は内
ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ 
豆の音
鬼は こっそり 逃げていく

鬼は外 福は内
ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ 
豆の音
早く お入り 福の神

【鬼のパンツ】

鬼のパンツはいいパンツ 強いぞ 強いぞ
虎の毛皮で出来ている 強いぞ 強いぞ
5年履いても破れない 強いぞ 強いぞ
10年履いても破れない 強いぞ 強いぞ
履こう 履こう 鬼のパンツ
履こう 履こう 鬼のパンツ
あなたも あなたも あなたも あなたも
みんなで履こう 鬼のパンツ

まとめ

節分は、元来1年に4回あるものでしたが、1年の始まりの立春を
1番特別に考えていたため、いつの日か立春の前日だけを
節分と呼ぶようになりました。
豆まきには諸説ありますが、邪悪なもの、病気などの災いを
追い払うものとして始まりました。

豆まきの箱は様々な種類がありますが、簡単に出来るものばかりなので
お子さんと一緒に作ってみてくださいね。
歌を歌って節分の気分を盛り上げて、健康で元気な1年を送れるように
しっかり豆まきしましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です