初節句でご祝儀を孫へ贈る時の相場は?ご祝儀袋は?書き方は?

お孫さんが生まれると目に入れても痛くないほど 可愛くてたまらないのではないでしょうか? そんなお孫さんのお祝いには何かしてあげたいと思うもの。

今回は、お孫さんの初節句にご祝儀を贈る時の 金額の相場やご祝儀袋、
書き方についてまとめたので 参考にしてみてください!

目次

初節句でご祝儀を孫へ贈る時の金額の相場は?

初節句では、お孫さんに人形を贈る方もいらっしゃいますが、
両親の意向にそぐわないようなものを贈ると逆に迷惑に なることも考えられるため、
最近では現金を包もうと お考えの祖父母の方が多いようです。

その相場はいくらくらいかというと、

節句人形の購入資金として数ヶ月前~10日前までに「5~30万円」

を贈るのが一般的で、商品券で贈るという方もいらっしゃいます。

今は、あまり大きな人形を飾る方も少ないので「30万円」を贈る 方は少ないと思いますが…

「5~10万円」を頂いたという親の声が一番多いように感じました。
実際に私も娘の初節句で人形なしの現金のみで10万円を義両親に頂きました。

人形を贈って、その他にもお祝い金として贈る場合は 「1万円~5万円」程度を包むと
良いでしょう。

早生まれの子は、翌年に初節句のお祝いをすることが多いので、
確認しておくことが必要です。

  • 四や九などは縁起が悪く、六はキリが悪いとされるので 贈らないようにしましょう。

お祝いと一緒に、赤ちゃんが口に入れてしまっても安心な食材で出来たクレヨンをプレゼントに贈ってはいかがですか?

初節句のお祝いのご祝儀袋はどんなものがいい?

現金を贈る時に必ず必要になるものがご祝儀袋です。

うちは主人も私も全く気にしないので、 そのまま銀行に置いてある封筒で頂きましたが。笑

ご祝儀袋の水引は紅白の蝶結びのものを選びましょう。
蝶結びの水引は、蝶結びが何度も結んだりほどいたり することが出来るため、

「何度繰り返してもめでたい」お祝い事のときに使う

と覚えておくと良いですよ。

ご祝儀袋にお札を入れるときは、封筒の表からお札の顔が見えるように、
顔が封筒の上側に来るように入れましょう。

思い出に残しておけるご祝儀袋はいかがですか?

手ぬぐいやハンカチで出来ているので、記念として残しておくのも良し、
普段使いも良しです。

捨てずに身につけてもらえるので、おすすめですよ。

初節句のお祝い金の書き方は?

初節句のご祝儀袋の書き方ですが、いくつかありますので お孫さんに合ったものを選んで
書いてください。

上段には、

男女とも可 女の子のみ 男の子のみ

初節句御祝
(はつせっくおいわい)

初雛御祝
(はつひなおいわい)

初幟御祝
(はつのぼりおいわい)

祝初節句
(しゅくはつせっく)
御祝
(おいわい)

下段に贈り主の名前を書きます。

書き方,記入の仕方

中袋は表に金額、裏に贈り主の住所と名前を記載します。

数字は漢数字で旧字体を使います。

壱(いち)・弐(に)・参(さん)・伍(ご)・七(なな)・八(はち)・拾(じゅう) 萬(まん)・圓(えん)

内袋の書き方

内袋,参考,例

まとめ

お孫さんへの初節句のお祝い金は人形を贈らない場合で「5~30万円」、人形を贈る場合は「1~5万円」程度です。

ご祝儀袋は紅白の蝶結びのものを使い、上段は「初節句祝」や「祝初節句」 などと書き、
下段に贈り主の名前を書きます。

中袋にも金額や住所、名前の記載をお忘れなく。

お孫さんの元気で健やかな成長、しっかりお祝いしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です