節分に恵方巻きを食べる理由とは?なぜ無言で切らないで食べるの?

節分で恵方巻きを食べるのは定番になってきましたが、
何故恵方巻きを食べるのか、理由を知っていますか?

ただ何となく、店先で売ってるし、
みんなが食べているから…なんて理由で食べていませんか?

せっかくなので、きちんと理由を知っておきましょう。
無言で食べる理由と、切らずにかじりついて食べる理由、
なかなか綺麗に噛み切れない海苔を簡単に噛み切るための裏技も
合わせてお教えしちゃいます!

目次

節分に恵方巻きを食べる理由とは?

恵方巻きの起源には諸説あり詳細は不明ですが、
江戸末期に大阪の商人たちが商売繁盛と厄払いのために
「幸運巻き寿司」を食べる習慣から始まったという説が
有名です。

元々は関西地方の風習ですが、全国へ広めたのは大手コンビニチェーンの
「セブンイレブン」と言われています。
「恵方巻き」と名付け、大々的に全国に宣伝・販売したことが、
瞬く間に認知度を高めるきっかけとなりました。

恵方巻きには「福を巻き込む」という願いが込められ、福をもたらす神様
「七福神」にちなんで7種類の具材
が使われます。

一般的な具材は、キュウリ・玉子焼き・かんぴょう・しいたけ・うなぎ・
ほうれん草・桜でんぶ
ですが、特に決まりはないため、
お好みのものを巻きましょう。

恵方巻きを無言で食べる理由とは?

恵方巻きを食べる
恵方巻きには「福を巻き込む」という意味があるため、
せっかく「巻き込んだ福を逃がさない」ために
無言で食べる
のが作法になります。

7種類の具材は「七福神」にちなんでいるため、
7つの「福」を取り込むイメージでしょうか。

また、願い事をしながら食べきると願い事が叶うと言われています。
女性や子供は1人で1本食べきるのは難しいので願いを叶えるためにも、
小さめの恵方巻きを食べるようにしましょう。

恵方巻きを切らないで食べる理由とは?

恵方巻きは、「丸かぶり寿司」とも呼ばれていて、
その名の通り、切らずに食べるものなのですが、

その理由は、

「縁を切らない」

ためです。

誰かとの縁を切らさないためにも、1本丸かじりで食べきりましょう。

とは言っても、なかなか海苔が噛み切れなくて食べづらいって
悩みがありませんか?
特に小さいお子さんに食べさせる時もこの裏技を使えばバッチリ
噛み切れるようになります!

海苔が簡単に噛み切れる恵方巻きの作り方
【必要なもの】
  • フォーク
  • シリコン製のまな板(なければキッチンペーパー)
  • のり

【作り方】

  1. シリコン製のまな板(なければ普通のまな板の上にキッチンペーパー)
    に海苔を乗せる。
  2. 1にフォークでたくさん穴を開ける。
  3. 恵方巻き、太巻き、おにぎりに巻く。

たったこれだけで、2歳に満たない子供でも簡単に噛み切れるように
なっちゃいます♪
綺麗に噛み切れるようになるだけで一気に食べやすくなるので
絶対試してほしい方法です!!!

まとめ

恵方巻きには「福を巻き込む」という願いが込められ、福をもたらす神様
「七福神」にちなんで7種類の具材が使われます。
具材は特に決まりはないため、お好みのものを巻きましょう。
恵方巻きは縁起物で「巻き込んだ福を逃がさない」ために無言で食べ、
「縁を切らない」ために切らずにかじりついて食べる必要があります。
海苔が噛み切れずに食べづらい場合は、フォークで海苔にたくさん穴を
開けると食べやすくなります。

食べるときに願い事をするのを忘れないようにしてくださいね。

↓↓↓合わせて読みたい↓↓↓
恵方巻きの方角はなぜ変わる?間違えたら?アプリで無料で方位を調べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です