スリッパの裏の汚れの原因と掃除の仕方、手洗い方法をお教えします!

スリッパって室内履きなので安心していると
意外と汚れていてびっくりすることも。
臭いも付いていたりして、来客時には
ドキッとしたことはありませんか?

スリッパの汚れの原因、水洗いできないタイプのスリッパにも
使えるスリッパの表と裏の掃除の仕方や臭いの取り方、
手洗い方法をご紹介しますので、是非お役立てください(^^)

目次

スリッパの裏の汚れの原因は?

室内は地面と違って綺麗なはずなのに、いつの間にか
汚れているスリッパの裏。
汚れの原因は、床の上のホコリや細かな砂、排気ガス、油汚れなどです。
他にも、ワックスの掛け過ぎがあります。
床の汚れを綺麗に落とさずにワックスをかけると汚れが蓄積しやすく、
床がベトベト
します。

また、キッチン回りは油ハネと砂などで特に汚れがひどい場所です。
スリッパ汚れの予防方法としては、揚げ物をした後はその都度床を拭く
ことです。
油ハネのベトベトがなくなるだけでも、スリッパの裏の汚れが
かなり付きにくくなるはずです。

スリッパの表と裏の掃除の仕方とは?

消毒,臭くならない,臭くなる
スリッパの裏の汚れに気付いたら、スリッパで床を汚さないためにも
すぐにでも綺麗にしておきたいですよね。
水洗いできないタイプのスリッパにも使える掃除の仕方です。
どうせ掃除するなら裏だけでなく、表も一緒にやってしまいましょう♪
ついでに消臭もできちゃいますよ(^^)

スリッパの掃除の仕方
【必要なもの】
  • 掃除機
  • 中性洗剤
  • アルコールスプレー
  • 使用済み歯ブラシ
  • ボロ布・雑巾・タオルなど

【手順】

  1. 掃除機でスリッパの表と裏のゴミを吸い取ります。
  2. スリッパの裏側にアルコールスプレーを吹き付けます。
  3. 歯ブラシでこすります。
  4. ボロ布・雑巾・タオルなどでふき取ります。
  5. スリッパの表側を掃除していきます。
    中性洗剤を水やぬるま湯に溶かしたものを用意します。
  6. ボロ布・雑巾・タオルなどに5を染み込ませ、硬く絞って
    スリッパの表側を拭きます。
  7. 6のスリッパの表面とスリッパの内底にアルコールスプレーを
    吹き付け、ボロ布・雑巾・タオルなどで拭き取ります。

アルコールに除菌効果があるので、汚れや臭いが取れます。
水に浸けて洗わないのでシミも出来ず、すぐに乾きます。

携帯用スリッパにもおすすめの方法です。
携帯用スリッパは一度履いたらしばらく履かないので
綺麗にしてしまっておきたいですよね。
一度しか履いていないので水洗いするほどではないと
お考えの方にもピッタリのお掃除方法です♪

スリッパの手洗い方法とは?

しっかり汚れを落としたいから水洗いしたい!という方のために
水洗いの方法もご紹介します。
ですが、洗濯表示に洗濯不可と書かれているものが多いと思います。
実際には手洗い出来ますが、洗えないスリッパは芯にボール紙が
使われていることが多く、輪ジミになりやすい
です。
ですので、水洗いできないタイプのスリッパを水洗いするのは
あまりオススメできませんが、輪ジミが出来てしまったときの対処法
合わせてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

スリッパを水洗いする方法
【用意するもの】
  • 中性洗剤
  • 使用済み歯ブラシ
  • ボロ布・雑巾・タオルなど

【手順】
1.中性洗剤を水やぬるま湯に溶かしたものを用意します。
2.1にスリッパを入れ、丁寧に押し洗いします。
3.つま先の部分などは歯ブラシを使うと良いでしょう。
4.すすぎはしっかりと行います。
5.タオルに挟んで押し当てるように水分をしっかりしぼって、
風通しの良い場所に干します。

すすぎはしっかりと入念に行わないと輪ジミの原因になります。
万一、輪ジミが出来てしまったときの対処法は以下を参考に。

輪ジミが出来てしまったときの対処法
【必要なもの】
  • 酸素系漂白剤
  • タオル

【手順】

  1. 40度のお湯に酸素系漂白剤を溶かします。
  2. 30分~1時間ほど浸け置きします。
  3. しっかりすすぎます。
  4. スリッパをタオルに包んで洗濯機で30秒程度脱水します。
  5. 風通しの良い場所に干します。

まとめ

いつの間にか汚くなっているスリッパの裏の汚れの原因は
窓を開けた時に入ってくる細かな砂や台所の油ハネ、排気ガス、
ホコリなどです。
スリッパの汚れを防止するには、台所で揚げ物をしたときに
こまめに拭くことです。
これで格段に汚れが付きにくくなります。
スリッパの汚れを掃除するときは、アルコールスプレーを使うと
消臭効果もあり簡単です。
水洗い不可のものを水洗いをする時は、輪ジミに注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です