3月14日がホワイトデーとなった由来、名前やお返しが始まった理由

お勧めプレゼント

男性にとっては煩わしいと思いがちなイベントかも
しれない、ホワイトデー。

なぜ、ホワイトデーがあるんだ!と考えたことありませんか?

ここでは、
なぜ、3月14日がホワイトデーなのか?
なぜ、「ホワイトデー」という名前がついたのか?
なぜ、ホワイトデーにはお返しをするのか?

という、3つの何故にお答えします!

目次

3月14日がホワイトデーとなった由来は?

ホワイトデーが3月14に決まった理由は、
バレンタインの後日談、
「聖バレンタイン教」が
殉職した日
に由来しています。

聖バレンタインはローマ皇帝が禁止していた結婚を
ある兵士のために認め、結婚させたために殉職。
その日が2月14日。

そして、その兵士と恋人が改めて永遠の愛を誓ったと
されるのが1ヶ月後の3月14日。

このエピソードをもとにホワイトデーは3月14日に
設定されることとなりました。

ホワイトデーの名前の由来は?

お返し意味由来
もともとホワイトデーには決まった名前はなく、

  • ポピ―デー
  • フラワーデー
  • クッキーデー
  • マシュマロデー
など欧米の習慣にならった様々な名前で呼ばれていました。
※これらは愛を確認する日で、「お返し」をする風習はありません。

これを、全国飴菓子工業協同組合がキャンデーの販売促進のため、
キャンデーを贈る日として「ホワイトデー」と
名づけてイベント化
しました。

なぜホワイトなのかというと、「ホワイト」=「純潔」からきています。
他にも、

  • 飴を作る原料の砂糖が白いから
  • マシュマロが白いから
などの説があるようです。

ホワイトデーにお返しをするようになった理由は?

日本でバレンタインデーが定着し始めると、次第に
「貰ったのだからお返しをしよう」と考える人が出始めました。

これに目を付けたお菓子業界では、個々に日にちを決めて
それぞれのお菓子を販売
していましたが、全国飴菓子工業協同組合が
3月14日を「ホワイトデー」として定めたのを受けて
この日にお返しをする
、という習慣になっていきました。

日本人の「人から物をもらったらお返しをしなくては」
という、マメな性格が表れたから「お返し」するようになった
ということですね。

ですので、ホワイトデーがあるのも、ホワイトデーに「お返し」を
する習慣があるのも日本だけです。

まとめ

3月14日がホワイトデーなのは、聖バレンタインが殉職した
1ヶ月後に恋人たちが改めて愛を誓ったとされる説からきています。
「ホワイトデー」という名前は日本で付けられ、お返しをする
風習も日本人の人から物をもらったら「お返しをする」という
マメな性格が出たためと言えるでしょう。

男性にとっては煩わしいイベントかもしれませんが、
このイベントを忘れなければ女性の機嫌も良く、
彼女だけでなく会社での人間関係も円滑に事が
進むのでしっかりと行ってくださいね。

↓↓↓合わせて読みたい↓↓↓
ホワイトデーにサプライズを妻にする為のプレゼントとメッセージは?
ホワイトデーでお返しするとき職場での相場、義理やまとめての注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です