新米の時期はいつまで?古米との違いは?保存の最適な方法は?

日本人と言えばお米。
秋には新米が出回り始めますが、いつからいつまでが新米かご存知ですか?

新米と古米の違いや保存方法についても触れていきたいと思います。
美味しいお米を食べるために、是非目を通して下さいね。

古米をおいしく食べる方法はこちら

目次

新米の期間はいつからいつまで?

「新米」と表記され出回るには2種類の方法があります。
米穀年度制とJAS法です。

米穀年度制
翌年10月31日までを1年度とし、11月1日から新しい年度が始まり、
前年のお米は新米表記からは外される。
JAS法
新米と表示が出来るのは、玄米及び精米品質表示区分で、
収穫した年の12月いっぱいまでに精米、梱包をされたものに限る。

新米表示のお米が店頭に並ぶのは、早いものでその年の秋から、遅いものは翌年の年初から春頃までとなります。
ですが、新米表示がないからといって古米であるというわけではありません。
何年度産と表示されていることもあるので、確認してみましょう。

新米と古米の違いは?

古米
  • 水分量が少ない。
  • 粘りが少ない。
  • 酸化して古米臭がする。
  • 籾ごとの保存であれば、熟成され旨みが増す。
  • そのため、甘みがある。
新米
  • みずみずしい。
  • 香りが良い。
  • 炊き上がりのつやが良い。
  • 粘りがある。
  • 水分が多いのでカビが生えることもある。

私は、お米の味の違いがわからないのですが、
「新米はおいしい」とよく聞くので、古米は熟成すると美味しいなんてびっくりです。

現在では、場所を取らず保管しやすいので玄米で保管しますよね。
玄米で保存すると、籾を被っているときに比べて酸化の進みが非常に早いため、味が落ちてしまうのだそうです。

籾のまま1~2年寝かせると、酸化を防止しながら、米の水分が抜けて美味しいお米になります。
水分を抜くとでんぷんが濃縮されるので食べた時に甘みを感じやすくなるのです。

新米が美味しいとされるのは、酸化が進む前だからなのですね。

米の保存の最適な方法は?

お米を酸化から守るのが美味しく食べるコツです。
低温、低湿度で日の当たらない場所がお米の保存に適しています。

お米も、生鮮食品と同じで冷蔵庫の野菜室で保存すると表面の脂肪の酸化が進むのを抑制することができます。
保存温度は低いほど良いので、冷凍庫でも良いです。
冷凍庫で保存した場合は、解凍せずにそのまま研いで炊きます。

また、入れ物は密封容器に限ります。
そうでないと、酸化だけでなく、においが移り、味が落ちる原因にもなります。
ペットボトルにじょうごを使って米を入れ、蓋をしめます。
これなら、立てても寝かせてもしまっておけるので便利です。

まとめ

新米の表記は春頃までですが、新米の表示がないからと言って、古米であるとは限りません。
また、保存状態によっては熟成し旨みが増すので古米のほうが美味しい場合もあります。
密封容器に入れて冷蔵庫で保存し、少しでも美味しくお米が食べられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です