赤ちゃんのおむつかぶれが治らない!受診の目安、皮膚科と小児科の選び方

ひどいオムツかぶれになると皮が剥けたり、血が出たりして
とてもかわいそうになりますよね。
お尻を拭くたびに痛そうな顔をしたり、大泣きしたりするので
拭くのも気がひけてしまうのではないでしょうか?

赤ちゃんのオムツかぶれが治らない原因と
病院へ連れていく目安、
皮膚科と小児科のどちらを選ぶべきかについて
まとめたので、是非参考にしてください。

目次

赤ちゃんのおむつかぶれが治らないのはなぜ?

こちらでは、オムツかぶれの原因と治し方について触れていますが、
こちらの治し方を実践して治らない場合は、おしりふきが
合っていないか、カビ菌によるカンジダ症
の可能性が高いです。

おむつ替えの際、おしりふきを使用すると思いますが、
おしりふきが合っていない可能性がある場合は、
ガーゼや脱脂綿などでお尻を拭きます。

【必要なもの】

  • ガーゼもしくは脱脂綿
  • 洗面器
  • ぬるま湯
  • ワセリン
【手順】
  1. 洗面器にぬるま湯を張ります。
  2. 1にガーゼか脱脂綿を入れて濡らします。
  3. 2を絞らずにびちゃびちゃのまま赤ちゃんのお尻を拭きます。
  4. 乾いたガーゼや脱脂綿で押さえるように拭きます。
  5. 薬があれば薬を塗り、なければワセリンを塗ってあげます。

おしりふきが原因の場合は、これでみるみる治るはずです。

これで治らない時はカンジダの可能性があります。
カンジダにかかっていると、通常のオムツかぶれと違って、
オムツが直接肌に当たっていない部分にも炎症を起こしたり、
肌がレース状に赤くなったり、小さな赤い斑点が出たり
します。
また、カンジダにステロイドの塗り薬を使用すると悪化してしまいます。

赤ちゃんのオムツかぶれの受診の目安は?

何科,カンジダ違い,水ぶくれ
おむつかぶれだけで病院に連れて行っては迷惑かな?と
心配するママも多いようです。
ですが、赤ちゃんは言葉が話せないし、ママが考えているよりも
痛がっているかもしれません。
赤ちゃんのおむつかぶれが治らないのはなぜ?でも
お話ししたように、なかなか治らない時はカンジダの可能性が疑われます。
その場合はすぐにでも病院へ連れて行ってあげましょう。

また、カンジダではない場合も

  • 皮が剥けている。
  • 排尿・排便のたびに泣く。
  • 赤い斑点や水泡が出来ている。
  • 症状が一日以上続く。

などの症状がみられる場合は受診しましょう。

赤ちゃんのオムツかぶれで受診するのは皮膚科と小児科どっち?

皮膚科と小児科のどちらへ連れていくべきか迷ってしまうお母さんもいるようですが、
どちらでも問題はありません。

ただ、小児科へ連れていくと待ち時間が長かった場合、
病気をもらってしまうこともありますし、
皮膚科の方が合う薬を処方してもらえたという声もあるので、
近くに皮膚科があるなら、小児科より皮膚科の方がいいのかもしれませんね。

どこでもというわけではないかもしれませんが、小児科では舐めても害のない
極々弱い薬が処方されるらしいのでなかなか治らないようですが、
強い薬が心配なお母さんは小児科を選ぶといいでしょう。

まとめ

オムツかぶれがなかなか治らないときは、おしりふきが赤ちゃんの
お肌と合っていないか、カンジダの可能性があります。
一日以上症状が続いたり、皮が剥けているなど症状がひどい場合には
病院へ連れていきましょう。
小児科と皮膚科のどちらでも問題ありませんが、
待ち時間に病気をもらう心配もありますし、
より症状に合った薬を処方してもらうなら皮膚科の方が良いでしょう。
赤ちゃんのオムツかぶれが早く治るといいですね。

↓↓↓合わせて読みたい↓↓↓
赤ちゃんのおむつかぶれの原因とは?治し方とは?予防方法とは?

赤ちゃんのオムツかぶれの原因が下痢の場合に疑うべき病気とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です