桃の節句のひし餅の由来は?形、菱餅の色の順番に意味はあるの?

ひな祭りに食べるものの一つにひし餅があります。
なぜ、ひし餅を食べるようになったのか知っていますか?

私はずっと、ひし形のゼリーのことをひし餅だと思ってました。笑
餅とゼリーは別物なのに給食に「ひし形ゼリー」が出ていたので
ちっとも疑ってませんでした…
(誰も「ひし餅ゼリー」とか意味不明なことは言ってない)
私のように無知で恥ずかしい思いをしないように、
ここでしっかり学んで行ってください!!!

↓↓↓合わせて読みたい↓↓↓
ひな祭りが桃の節句と呼ばれる由来は?白酒と甘酒の由来と違い

目次

桃の節句のひし餅の由来は?

ひし餅5色意味
こちらでは、ひな祭りが桃の節句と呼ばれる由来について
説明していますが、桃の節句の由来は中国にあり、
実は、ひし餅も中国が関係しています。
中国では、「上巳の節句(3月の季節の変わり目)」に
春の七草のひとつである「御形(ごぎょう)=母子草(ははこぐさ)
を用いた緑色のお餅を食べる風習がありました。

日本にもその風習が伝わったのですが、「母子草」を使い
「母」と「子」をつくのは縁起が悪いとよく思われず、
同じ緑色の餅になる「よもぎ」を代わりに使うように
なりました。

「母子草」も「よもぎ」も病気の予防、視力回復、解熱や解毒、
月経改善などの効果があります。
香りの強いものは邪気を払う力があるとされているため、
より香りの強い「よもぎ」が好まれたのかもしれません。

ひな祭りに草餅を食べる地域があるのは、この風習の名残と
言われています。

菱餅の形の由来とは?

中国から伝来したときは草餅を食べる風習だったのが、2色のひし形に
なったのは江戸時代初期
のこと。
この2色は、よもぎ餅のほかに菱(ひし)の実を入れた白い餅で出来ていました。
菱の実には、子孫繁栄・長寿の力があると信じられていました。

ひし餅がひし形である理由は諸説あります。

  • 菱の実を模している。
  • 大地を表している。
  • 陰陽道では女性を表す形がひし形である。
  • 心臓をかたどったものである。
  • 古くから家紋として使われているから。

など、様々な説があります。

個人的には、「ひし餅」と聞いて単純に「ひし形の餅」だと
思った人が「ひし形の餅」を作って、それが広まったに一票!笑

ひな祭りの菱餅の色の順番に意味はあるの?

ルーツ,歴史
ひし餅は、現在では3色が一般的で地域によっては4色、5色の
ものもあるようですが、江戸時代には緑と白の2色を交互に重ねて
緑、白、緑の3段、緑、白、緑、白、緑の5段などで飾られていました。

ひし餅が現在の3色になったのは明治時代のこと。
桃色の「山梔子(さんしし)=クチナシの実」が加えられるようになりました。

色の順番だけでなく個々の色にも意味があります。

  • 桃色(クチナシ):魔除け、解毒、桃の花の象徴
  • 白色(菱の実):子孫繁栄、長寿、血圧低下、清浄・純白の雪の象徴
  • 緑色(よもぎ):厄除け、視力回復、解熱や解毒、健康・新緑の象徴

下から 緑・白・桃色:雪の下には、若芽拭き、雪の上では、花開く

下から 白・緑・桃色:雪の中から、若葉萌え、若葉の上に、花開く

色の順番にきちんと意味があったんですね!
下から緑・白・桃色のものが一般的なようで売られているものや画像を調べましたが、
この順番のものしか見つかりませんでした。

4色や5色の場合に加えられている黄色やオレンジ色にはそれぞれ、

・黄色:月や菜の花
・オレンジ:太陽

こんな意味があるそうです。

まとめ

ひし餅は中国の風習が伝来したもので、もともとは
母子草の入ったお餅を食べるものでした。
それが江戸時代に2色になり、形もひし形になり、
明治時代にはもう1色増えて3色になりました。
色や色の順番にも意味があり、魔除けや子孫繁栄、健康などの
願いが込められています。

女の子の健やかな成長を願うにはピッタリの食べ物ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です