友チョコのお返しを職場でするときのおすすめや相場は?いつ渡す?

最近ではバレンタインは異性へチョコを贈るのではなく、
友達同士・同性の知り合いへ贈る人も増えています。
バレンタインにお互いが用意していて交換という形であれば
悩みませんが、もらったけど自分は用意がなかったというとき、

職場でのお返しには何がいいのか?
相場はいくらなのか?
お返しはいつ返すべきなのか?

これらの疑問についてお答えしていきます。
イベント嫌いの人の対応策についてもそれぞれ触れています。

目次

友チョコのお返しを職場でするには何がいい?

友チョコ嫌,うざい,うんざり
職場の人に友チョコのお返しをする時は、チョコをもらったのですから「お菓子」(食べ物)を贈るのが無難でしょう。
その方が相手も気負いせずお返しを受け取れるはずです。

お手軽に安く済ませるなら、駄菓子を可愛い袋に詰め合わせたものをあげるのが
好評のようです。
100均で可愛いラッピング用の袋やお菓子が全て手に入ります。

もう少し見栄えを気にするなら、デパートなどで中身もラッピングも可愛い、
ブランドのお菓子を手に入れましょう。
コンビニとは違い、お洒落なものが豊富です。
女性同士なので、相手が喜ぶものはわかりますよね。

この時期はホワイトデー用のお菓子が並んでいますが、ホワイトデー用である必要は
ありません。
頼めばホワイトデー用のお菓子でなくてもお店でラッピングをしてもらえるので
自分の資金に合わせたお菓子を購入すれば大丈夫です。
友チョコのお返しの相場はこちらでチェック。

イベント嫌いで来年から友チョコをもらいたくないという人は、
残念がられる、嫌がられると噂の手作りをお返しするようです。
これも、人によっては「嬉しい」と感じるので必ずしも効果があるとは
限りません。

友チョコのお返しの相場は?

お返しをするとなると、気になるのは金額ですよね。

友チョコの職場での相場は、

もらったものと同額

です!

¥300~¥500程度という声もあるようですが、それは
その金額のものをもらったときと考えれば良いでしょう。

明らかに¥100のものをもらった場合、
それより高い金額のものをお返しする必要はありません。

友チョコの場合、女性同士ですし相手にお返しを期待して
贈る人は少ないと思います。
男性へ贈るついでやコミュニケーション、日ごろの感謝を表すための
ものとして手軽に贈れるバレンタインを利用したと考えれば良いでしょう。

特に、イベント嫌いな人はもらったものより高いものをお返しするのは
やめましょう。
次の年からお返しを期待されて毎年友チョコをもらうことになりかねません。

友チョコのお返しはいつ渡す?

友チョコ反対,ひどい
バレンタインに貰ったけど自分の用意がなく、交換出来なかった場合は、
やはりこちらも「ホワイトデー」にお返しをします。

その際は、「バレンタインに貰ったチョコのお返しです」と
伝えて渡した方が相手にも伝わりやすいでしょう。

ホワイトデーが休日などで渡せない時は、ホワイトデー前日に
渡す
方が「きちんと用意していた」ということが伝わるのかな、
と思います。

正直、そういうやりとりは面倒とお考えの方もいらっしゃるかと
思いますが、職場の人ですし何も返さないのは関係が悪くなって
会社に居づらくなる心配もあるのでお返しはしたほうがいいです。

そういうイベントが苦手な方で、それとなく迷惑・苦手アピールを
したい場合はホワイトデー以外にお返しすると、イベント嫌いを
アピール出来るかもしれません。

ホワイトデーにお返しをもらう人は「もらうだけ」ですが、
イベント好きな人にとっては「もらうだけ」でもイベントに
参加したことになるでしょうから、ホワイトデー以外にお返しを
することで「この人はイベントに興味がない」ということに
気付いてもらえる可能性があります。

まとめ

職場での友チョコには同額程度のお菓子をホワイトデーにお返し
すれば良いでしょう。
高すぎても相手も恐縮するでしょうし、職場という場所柄人間関係に
気を付けたいのでお返ししないということは避けたいところです。
女性同士なので楽しくお菓子のやり取りをできれば、と思います。

ホワイトデーの友チョコが迷惑・面倒と思っている方もいらっしゃると
思いますが、あまり深く考えずコミュニケーションの一つとして
とらえましょう。
ホワイトデーのお返しに期待をさせないようにすれば、
次の年からイベント嫌いに気付いてもらえるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です