結婚式の服装のマナーいとこならドレスの色は?着物ならどうする?

結婚式に出席するのは友人としてだけではありません。
いとことして出席するときもありますよね。
そんなときはどのような服装をすれば良いのか
ドレスコードやドレスの色、着物の場合について
まとめました。

目次

結婚式の服装のマナーいとこなら?

いとこであっても白を着ないなど一般的な結婚式の服装のマナー
変わりはありません。

それに加えて、いとこは親族に当たりますから
ゲストをおもてなしする立場となります。
そのため、ゲストより格の高いきちんとした服装をするように心がけましょう。

親族がゲストより格の低い服装をすることは「わざわざ正装でお出迎え
しなくても充分」と無礼な態度をとっているようなもので大変失礼です。

ジャケットスタイルはきちんとしていると感じますが
共布でないと略式のフォーマルにあたり、親族にはあまり相応しくない
服装となりますので注意しましょう。

また、バイカラ―は2色のため、「別れ」を連想されると言われマナー違反
となります。
ジャケットの中に着るワンピースが切り替えで2色の時は結婚式で
着ることは出来ません。

その他、ストールも防寒素材のウールなどは使えませんので、
フォーマル用のものを用意しましょう。
また、袖のあるドレスに羽織物を合わせるのはカジュアル
なってしまいますので、羽織物を合わせる場合はノースリーブや
キャミソールタイプのドレスに限ります。

アクセサリーで華やかさを加えることを忘れずに。
あまりギラギラしたものは向いていませんので、パールの
ネックレスやコサージュを付けると良いでしょう。
結婚式では、めでたいことは重なるようにとネックレスを2重付けするのもOKです。

結婚式にいとことして出席する際のドレスの色は?

まず、いつ結婚式に出席するかで着るドレスが変わります。
正礼装では、昼はアフタヌーンドレス、
夜(17時以降)はイブニングドレスが正式のドレス
になります。
ですが、新郎新婦の母親や姉妹などより血族の近い人が訪問着やフォーマルスーツなど
略礼装をしていた場合、いとこが第一礼装をしているとマナー違反となるので
事前に確認しておきましょう。

イブニングドレスを着る場合は、結婚式ではショールなどを羽織って肩や腕の
露出を減らす必要がありますが、披露宴では肩を出すようにします。

ドレスの色についてですが、いとこだからと言って黒を着る必要はありません。
あまり派手にしない方がいいですが、紺、茶、桜など落ち着いた色合いのものを
選ぶ
と良いでしょう。

こちらでも言った通り、バイカラ―のものは結婚式では
マナー違反となります。
下地の色とレースの色が違うなどのデザインは人によってはバイカラ―と
とらえる人もいるため、避けた方が無難です。
また、いとことしての立場から見てもふさわしくないと考えられますので、
ドレスのデザインは控えめなものを選び、アクセサリーで品や華やかさを
出す
ようにしましょう。

結婚式の服装いとことして出席するなら着物が楽?

ドレスについて色々と書きましたが、実は着物が一番楽だったりするのです。
もちろん着物にもマナーはありますが、立場や格、場所などを考えても失敗の可能性が低いです。
私も独身の頃、いとこの結婚式では振袖を着用しました♪

既婚女性の着物:黒留袖五つ紋付、色留袖五つ紋、三つ紋または一つ紋付訪問着

未婚女性の着物:振袖五つ紋付もしくは三つ紋付き、振袖、訪問着

未婚・既婚女性の略礼装:色無地一つ紋付、付け下げ訪問着、格のある小紋

和装の格
上から番号順に

  1. 黒留袖と振袖
  2. 三つ紋の色留袖
  3. 一つ紋の色留袖
  4. 訪問着

となります。

色留袖三つ紋や一つ紋は略礼装で、未婚女性でも着用可能です。
訪問着は、礼装の中では「正装」ではなく「準礼装」です。

一つ紋付きの付け下げや訪問着・振袖であれば、新婦の母親や姉妹の衣装の
格を気にしなくて済みます。

親族席は黒一色になりがちなので振袖や色留袖がおすすめ。
振袖は華やかで主催者からも喜ばれますが、花嫁より色を控えめにするか
袖が少し短い「中振袖」を着る
ようにしましょう。

また、亀や鶴は花嫁の柄とされていますし、ヒョウ柄などの動物柄は結婚式に
ふさわしくないため、避けた方がいいです。
髪飾りは花嫁より目立つような華美で豪華なものをつけないように
注意しましょう。

まとめ

いとことして結婚式に出席する場合は、おもてなしする側として
ゲストより格の高い服装をする必要があります。
昼はアフタヌーンドレス、夜ならイブニングドレス、
着物なら黒留袖や振袖、色留袖などです。

衣装の格も大切ですが、一番大切なのは「お祝いする気持ち」です。
めいいっぱい、お祝いしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です