喪服礼服ブラックフォーマル黒スーツの違い、葬式と卒業式兼用可能?

慶事や弔事などがあると、
ブラックフォーマル、喪服、礼服、黒スーツって
単語はよく聞くけど同じものなの?違うものなの?
葬式に着たものを卒業式でも着れるの?
1着で済ませられれば済ませたいけど、
大人だからマナーを守らないと恥をかくし…と
お悩みの方の疑問を解決しちゃいます!

目次

喪服と礼服とブラックフォーマルとの違いとは?

喪服と礼服とブラックフォーマル、よく耳にしますが同じなのか違うものなのか
きちんと説明できない方って多いのではないでしょうか?

ここでは、喪服・礼服・ブラックフォーマルについて
わかりやすく説明しますね。

弔事用の礼服のことで、光沢、装飾、透けのないもの。
正礼装、準礼装、略礼装など格があり、立場によって使い分けます。
色は正喪服(喪主・親族が着用)では黒、
準喪服(喪主・親族・参列者が着用)では黒、紺、グレー、茶色など、
略装喪服(参列者が着用)では紺、グレー、茶色など

冠婚葬祭に着用する衣類の総称。
正礼装、準礼装、略礼装など格があり、立場によって使い分けます。

  • 正装:格式の高い儀式で主役や主賓が着用します。
       結婚式では新郎新婦、両親、仲人、主賓
  • 準礼装:親族、仲人、主賓、来賓(一般参列者)
  • 略礼装:主賓、来賓(一般参列者)
  男性   女性

モーニングコート ローブ・モンタント、アフタヌーンドレス

燕尾服(ブラックタイ)、
タキシード(ホワイトタイ)

イブニングドレス

ディレクターズスーツ、
ブラックスーツ

セミアフタヌーンドレス
ブラックスーツ

セミイブニングドレス、
カクテルドレス、
ディナードレス

    ※喪服の場合は、
 黒のセミアフタヌーンドレス、
 紺かグレーのアフタヌーンドレス



 

ダークスーツ

インフォーマルドレス
     ※喪服の場合は
 紺、グレーなどの無地ワンピースやスーツなど

日本のメーカーが、正礼装・準礼装・略礼装という格や立場を
気にせず着用できる冠婚葬祭の両方に着用できる服として売り出したもの。

男性はネクタイの色を変え、女性はコサージュやアクセサリーを変えて着用出来るようにした
日本独自のマナー。
海外では、略礼装という扱いとなります。

日本では、ブラックフォーマル=喪服=礼服と言えるでしょう。
ブラックフォーマルを1つ持っておけば、冠婚葬祭、どの立場であっても
着ることが出来ますが、近年では西洋の正しいマナーで礼服を着用することが多くなり、
結婚式でブラックフォーマルを着用する人は少なくなってきています。
特に光沢のない生地のブラックフォーマル=喪服という捉え方が多くなっているので、
女性が結婚式で着用するのは好まれません。
男性はまだまだ結婚式でも着用している方が多いようですが、若い世代では
ダークスーツが主流
になっています。

葬儀では、洋装であればどの立場であってもブラックフォーマルを着用すれば
間違いありません。

ブラックフォーマルと黒スーツの違いとは?

礼服
同じような形で同じ黒色のスーツではありますが、
ブラックフォーマルと黒いビジネススーツとは全くの別物です。

ブラックフォーマルの生地は深い黒で、「ブラックブラック」とも
呼ばれているとにかく真っ黒なものです。
少々毛羽だった生地で太陽の光が当たっても照からず、反射もしません。

黒いビジネススーツはブラックフォーマルに比べグレーや茶色がかって見え、
照かったりもするため、ブラックフォーマルと並んでしまうと
全く別物とわかります。
安物のブラックフォーマルにも同じことが言えるため、
選ぶ時には注意が必要です。

このように、黒いビジネススーツはブラックフォーマルと色が違うため
代用は不可で、特に葬儀や告別式では必ずブラックフォーマルを着用しましょう。

社会人なら何かと着る機会が増えるので夏・冬用と一着ずつ
持っておくことをおすすめします。
生地がそれほど厚すぎなり薄すぎたりしなければ、1着で
大丈夫です。

ブラックフォーマルで葬式と卒業式兼用できる?

ブラックフォーマル卒業式
ブラックフォーマルは、日本においてオールマイティな礼服であり、
式典などでも着用することが出来ます。
学校によってはブラックフォーマルと指定のあるところもあるようです。
ですが、近年ではブラックフォーマルも弔事用と慶事用の兼用のもの
弔事用と慶事用に分かれているものがあります。

慶事用は光沢やレースやリボン等装飾が付いて、弔事用に比べて華やかです。
学校指定であっても兼用のものではなく、慶事用に限ってのものかもしれないので
事前に確認しておくことをおすすめします。

また、ブラックフォーマルが学校指定でない場合は、暗い色合いのスーツを着てはいても
ブラックフォーマルを着用している方は少ないようです。
近年ではブラックフォーマル=喪服ととらえる方が多くなってきているため、
アクセサリーやコサージュなどで着飾っても「ギョッ」とされることがありますので
学校指定ではないときはブラックフォーマルではないフォーマルスーツをおすすめします。

まとめ

日本では、喪服と礼服とブラックフォーマルは同じものとして
考えられていましたが、近年では西洋のマナーが取り入れられ始めたため、
喪服=ブラックフォーマルとなり始めています。
黒いビジネススーツとは色が異なるため、黒いビジネススーツをブラックフォーマルとして
代用することは出来ません。
特に、葬儀へは黒いビジネススーツを絶対に着て行かないようにしましょう。
ブラックフォーマルは式典にも着ていくことが出来るものですが、
学校指定ではない限り着ている人が少なく、浮いてしまうので、卒業式へは
フォーマルスーツをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です