静電気のしくみを簡単に説明!車の乗降対策と防ぐため服はどうする?

夏が終わり、空気が乾燥し始めると静電気が起きやすくなりますね。
あの、バチッとする感じ、嫌な人が多いのではないでしょうか。

ではなぜ、空気が乾燥するとなぜ静電気が起こりやすいのでしょうか。
ここでは、静電気のしくみや、車の乗降の際の対処法、洋服の静電気予防について
ご紹介します。

静電気のしくみがわかれば、きっと撃退することも可能ですよ。

目次

静電気のしくみを簡単に説明すると?

物質と物質をくっつける、こすり合わせる、衝突させる、引き剥がす、などの摩擦が加わると、
普段はバランスが保たれていた「+」と「-」の電子のバランスが崩れます。
マイナスの電気は剥がれ、プラスの電気が多く残る状態になり、この状態を「帯電」といいます。
帯電状態にあると、バランスの崩れた状態から元に戻ろうとプラスの電気がマイナスの電気を引き寄せます。
このことを静電誘導といい、距離が近ければ近いほど、プラスとマイナスの電気同士の引き合いは強くなります。
マイナスの電気が一気にプラスの電気へ引き寄せられる瞬間、電流が流れ、あの「バチッ」とした火花が出るのです。

また、冬場に静電気が起こりやすいのは空気中の水分量が少ないため、帯電した電気が空気中に流れづらいからなのです。
逆に、空気中に水分が多い夏場は帯電した電気は空気中に流れるので静電気が起こりづらくなります。

車の乗り降りでの静電気対策は?

車から降りてドアを閉めようとすると、「バチッ」とくることありますよね。
これは、身体がシートから離れるときに帯電するために起こります。
そのため、シートから身体が離れる前に金属に触れることで防ぐことが出来ます。

静電気を起こさずに車を降りる方法

静電気を起こさずに車を降りる方法
  1. ドアを開ける。
  2. 車のボディ(金属部分)を触る。
  3. 車のボディを触った状態で片足ずつ降りる。

シートから身体が完全に離れないようにするために、片足ずつ降りるのがポイントです。
意外と簡単な方法ですが、あの不快な「バチッ」から解放されます。
乗るときは、地面に触れてからドアを開けるといいですよ。

オフィスなどで椅子と服との摩擦で起きた静電気も同じ方法で防ぐことが出来ます。
椅子から立ち上がる前に机などの金属部分に触れれば放電されるので「バチッ」ときません。

静電気を防ぐには服はどうしたらいい?

一番簡単な方法は静電気防止成分の入った柔軟剤を使ったり、その量を増やすことですが、
今はほとんどの柔軟剤が静電気防止成分入りです。
それでも静電気が起こりやすいのは、素材のせいもあるかもしれません。

マイナスに帯電しやすいもの
塩化ビニル
ポリウレタン
アクリル
ポリエステル
アセテート
綿
シルク
キュプラ
レーヨン
ナイロン
ウール・羊毛
プラスに帯電しやすいもの

真ん中のものほど帯電しづらく、上や下に行くほどプラスやマイナスに帯電しやすくなります。

マイナスに帯電しやすいものとプラスに帯電しやすいものの組み合わせをすると、静電気が起こりやすくなります。
天然素材である綿や麻、シルクなどは吸水性が高く帯電しづらいです。
キュプラは化学繊維ですが、吸水性が高いので、ウールとの組み合わせでも静電気が起こりづらい素材です。
マイナスならマイナス、プラスならプラス同士の組み合わせをすれば、静電気を起こさずファッションを楽しめますよ。

また、コートを脱ぐ前に手を洗ったり、霧吹きで裏地を濡らすと静電気を予防することが出来ます。
それすらも面倒くさい、という面倒くさがり屋さんにオススメなのは、机などに足やひざ、手をつけながら脱ぐ方法です。
摩擦が起きる時には何かに触れながらすれば、そこから放電するので静電気を防げます

まとめ

静電気のしくみはわかりましたか?
服の素材の組み合わせで静電気が起こりやすくはなりますが、基本的には摩擦によって人の身体に帯電が起こるので、
摩擦が起こる時には何かに触れながら行動すれば、静電気の痛みから解放されます。
3秒以上触れるのがコツです。
きっと、今年の冬からは静電気知らずで過ごせますよ。


目次に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です