喪中はがきを出し忘れて年賀状が届いた時の返事の仕方・文例

身内に不幸があった時、喪中はがきを出すものですが、
喪中はがきを出していない人から年賀状をもらってしまった
時にどう返事をすればいいのか悩む方もいるようですね。

そんな、喪中なのに年賀状をもらってしまったときの
返事の仕方についてまとめましたので、是非参考にしてくださいね。
文例も紹介します!

目次

喪中はがきを出し忘れて年賀状が届いてしまった時の返事の仕方は?

年賀状 喪中はがき 書き方
毎年年賀状をやりとりしている間柄なら喪中はがきを出し忘れるということは
めったにないと思いますが、喪中はがきを送っていなかった方から年賀状を
頂いてしまった場合は、どう返事をすればいいのでしょうか?

自分が喪中であるので、年賀状では返事が出来ませんよね。
すぐにでも喪中はがきで返事をするべき?と悩む方もいるようですが、
この場合は、松の内を過ぎた1月7日以降に届くよう寒中見舞いを出して返事をします。
松の内中に会う予定があるなら、会った時にきちんと伝えれば、寒中見舞いを
改めて出す必要はありません。

喪中では、シンプルなデザインのものを選びましょう。
胡蝶蘭のデザインが人気のようです。

喪中であっても寒中見舞いですので、弔事用切手は使わず、
一般用の郵便はがきを使いましょう。
また、年賀状とも違うので年賀状も使ってはいけません。
選ぶデザインにも注意が必要です。
>>>寒中見舞いの注意点や素材をチェックする<<<

寒中お見舞い申し上げます。
年頭の御挨拶を頂戴しましてありがとうございます。
貴家には佳き年をお迎えなされました御様子
お慶び申し上げます。
実は昨年○月○日に○(続柄)・○○(名前)(例:祖父・太郎)が永眠し
喪中により新年の御挨拶を控えさせて戴きました。
皆様には時節柄 御自愛なされ 本年が充実した年で
ありますようお祈り申し上げます。
平成○○年睦月上浣


※この例は、松の内(1月7日)以降、同月10日までに届くように送る内容のものです。

睦月=1月
上浣(じょうかん)=月初の10日までのこと。(1日~10日)
中浣(ちゅうかん)=月の中間の10日間のこと。(11日~20日)
下浣(げかん)=月末の10日間のこと。(21日~30日)

日付は必ず入れるようにしましょう。
ここでは陰暦を使いましたが、普通の漢数字でも大丈夫です。

この他にも、

  • ご連絡が遅れましたこと深くお詫び申し上げます。
  • 旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、歳を越してしまいました非礼を深謝致します。
  • 本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。
  • 今年もよろしくご厚誼(こうぎ)のほどお願い申し上げます。
  • 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
  • 厳寒の折、風邪などお召しになられませんようご自愛ください。
  • 寒い日が続いておりますが、お体を大切にお過ごしください。
という言葉を必要に応じて置き換えたり、書き加えたりしてくださいね。

手書きでのコメントを入れるのも問題ありません。
やはり気持ちを伝えるなら、一言でもいいので自筆のコメントを
入れた方が相手にも親切ですよね。

まとめ

喪中はがきを出し忘れていて年賀状を頂いてしまったら、
松の内が過ぎてから届くように寒中見舞いを送ります。

松の内中に会う予定があれば直接お話をすればいいですが、
会う予定がないときは何も返事をしないのは失礼なので、
必ず返事を出しましょう。

基本は寒中見舞いのマナーで送りますが喪中なのでデザインはシンプルなものを選び、
喪中のお知らせをしなかったことを詫びる文面を入れるようにします。
弔事用の切手やはがき・年賀はがきや年賀用の切手を使わないように気を付けてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です