冷えの妊婦への影響とは?おすすめ冷え改善方法と対策グッズ

昔から、「妊婦は身体を冷やしてはいけない」と言われていますが、
なぜ身体を冷やしてはいけないのでしょうか?
妊婦の冷えによる影響と、冷えを解消するためのお手軽な方法、
身体を冷やさないためのアイテム、体を温める食べ物や飲み物

ご紹介します。
元気な赤ちゃんを産むためにも是非最後まで目を通してくださいね。

目次

冷えの妊婦への影響とは?

妊婦さんは、挨拶代わりに「身体を冷やさないようにね」なんて
言われることが多いと思いますが、なぜ冷やしたらいけないのか
ご存知ですか?

母体への影響

免疫力が落ちると抵抗力が落ちて病気になりやすいです。
風邪やインフルエンザなどにかかったり、かかったら重症に
なりやすく、赤ちゃんへの影響も心配されます。
妊娠中は通常時に比べデリケートな時期なので、病気には特に
気を付けたいですよね。

妊娠中はふとしたことでお腹が張りやすくなるものですが、
頻繁に起こっていると切迫流産や切迫早産の恐れがあります。

身体が冷えていると子宮の筋肉が冷えて、通常より弱い陣痛になってしまいます。
弱い陣痛だと子宮口の開きが不十分なため、なかなか赤ちゃんが落ちてこない、
出てこないといった難産となってしまいます。

胎児への影響

子宮が冷えていると、赤ちゃんがより温かい場所を探して動き回ります。
身体の中心は心臓があり温かいので、赤ちゃんはそちらに頭を向けてしまい、
結果、逆子となってしまいます。

お母さんとへその緒でつながった赤ちゃんへの栄養は、血液に乗せて届けています。
冷えにより血行が悪くなると、赤ちゃんへ十分な栄養が行き届きません。
赤ちゃんの発育が遅れ、低出生体重児になってしまう恐れがあります。

妊婦のおすすめ冷え改善方法はコレ!

仕方
お腹の赤ちゃんのためにも身体の冷えは解消しておきたいもの。
続かないと意味がないので、手軽に出来る冷え予防の仕方を
ご紹介します!

食べ物

食は、毎日の生活にかかわるものなので、積極的に改善したいですよね。
暖かい気候で育った食材は体を冷やし、寒い気候で育った食材は体を温める
効果があると考えると、買い出しの時にもわかりやすいです。

具体的には…

  • ねぎ
  • しょうが
  • にんにく
  • かぼちゃ
  • たまねぎ
  • 根菜類(ごぼう、にんじん、れんこん、やまいも)
  • 発酵食品(チーズ、みそ、漬物など)
  • 赤身肉や魚介類
  • りんご、さくらんぼ、プルーンなどの寒い気候で育つ果物
  • 生野菜
  • バナナやマンゴーなど暖かい気候で育つ果物
  • キュウリやトマトなどの夏野菜
  • 白砂糖
  • マヨネーズ

飲み物

やはり、冷たい飲み物は身体を冷やします。
特に夏場は特に冷たいものが飲みたいですが、クーラーの効いた部屋では
常温か温かいものを飲みましょう。
注意したいのが、何を飲むか?です。
温かければ必ずしも体を温めてくれるわけではないので、
飲み物のにも気を付けたいところ。
ここで、体を温める飲み物と冷やす飲み物をご紹介します。

  • ショウガ湯
  • レモンティー
  • プーアル茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 紅茶
  • 麦茶
  • コーヒー
  • 緑茶
  • 清涼飲料水
  • 牛乳
  • 豆乳

基本的に、発酵したものは体を温め、発酵していないものは
身体を冷やします。

テレビ東京の「コレ考えた人、天才じゃね!?~今すぐ役立つ生活の知恵、集めました」と
いうテレビ番組で、マイナス18℃の部屋で身体を冷やし、様々な飲み物を飲んだ後の
体温変化をサーモグラフィでチェックするという実験をしていましたが、
レモンティーを飲んだ後は時間が経っても体が冷えませんでした。

ショウガは体を温めるものとして有名ですが、レモンティーには驚いてしまいました。
ショウガは飲んだ直後から体を温め、レモンティーは少し時間が経ってから温かくなるので、
レモンティーの中にショウガを入れるとより長く体を温められるらしいです。
発酵したものは体を温めるので、牛乳が原料であるチーズは身体を温めるものになります。

体を温める野菜について詳しくは、こちらでチェック出来ます。

足湯

温泉で足湯を20分くらいするだけで、全身温泉に浸かったのと同じ効果が
得られると温泉マイスターの資格を持っている某芸人さんがテレビ番組で
言っていました。
温泉水を手に入れるのは難しいと思いますが、塩と日本酒があれば簡単に
より温浴効果を高められます☆

【必要なもの】
  • 塩(バスソルトや天然塩):適宜
  • 日本酒:適宜
  • 40℃前後のお湯
  • 洗面器

【手順】

  1. 洗面器にお湯、塩、日本酒を全て入れ、良く混ぜます。
  2. しばらく足を浸けるだけ!

洗面器の代わりに発泡スチロール製の箱を使うとなかなかお湯が
冷めないので更におすすめです。
塩とお酒をあんまり入れるとぬるぬるになり過ぎるので気を付けてくださいね。
また、お風呂に入る時にも塩と日本酒を入れると、汗をかきやすくなり
むくみが解消されやすくなります。
とは言え、妊娠中にあまり長風呂をするのも良くないので、ほどほどにしましょう。

「妊娠中は冷やしてはいけない」と言うものの、例外ももちろんあります。
真夏の屋外を歩くときです。
クーラーのある室内では露出を控え、足元を冷やさないようにすることは大事ですが、
屋外を歩く時にもレギンスやレッグウォーマーなどを履いていては灼熱地獄状態です。
熱中症になってしまうので、真夏の屋外での冷え対策はほどほどに。
そもそも、真夏の屋外はただでさえ汗だくになって、冷える環境ではないですからね。
塩分も控えたりせず、汗をかいた分はしっかり補給しましょう。
ただし、デパートなどの屋内施設でクーラーのガンガン効いたところでは
冷えない対策をしっかりして出かけてくださいね。

妊婦の人気冷え対策グッズ

食事や足湯などからの改善も大事ですが、妊娠中はもっと簡単に
体を温めたいという方へ、便利なグッズをご紹介します!

骨盤ゆたんぽ よもにん
座って温められる湯たんぽです!
直接腰を温められるので骨盤補整機能も付いているので、
妊娠による腰痛の緩和にも○



【HotTab】
足湯で簡単に体を温められる話をしましたが、こちらは、自宅で簡単に炭酸泉に入れる入浴材です。
炭酸入浴は体の芯まで温めることができるので湯冷めがしにくく、
疲労回復やリラックス効果もあります。
カルキを消してくれるのでお湯が柔らかくなり、赤ちゃんや敏感肌の方、アトピーの方でも
お風呂のお湯が痛くありません。
また、この【HotTab】には、消臭効果もあるんです!
他の炭酸入浴剤との違いも説明されているので、是非チェックしてみてください!

冷え対策は、足先まで温かい血液を届ける事が重要です
ふくらはぎを温めて冷え性改善!「専用ウォーマー」

締め付けがあるので靴下を履いたまま寝ない方が良いと言われていますが、
こちらは履いたまま寝れます。
足にぴったりフィットするのに締め付け感がありません。
熱を逃さず、ずっと温かです。
足が冷えてなかなか寝付けない方や、足がつる方、脚がむくみやすい方におすすめ!


まとめ

妊婦さんが体の冷えをそのままにしていると、難産になったり、
赤ちゃんが逆子になってしまうといった影響が出てきます。
また、体温が低いと妊婦さんではなくても体の免疫力が低くなるため、
病気にかかりやすくなります。
妊娠中は薬を飲めないので体温を上げるように努めましょう。
体を温める食べ物や飲み物は様々なものがありますが、
覚えきれないと思うので「発酵したもの」を意識して摂るようにし、
生よりは火を通したものを口にしてくださいね。

また、手軽に冷えを解消するには足湯やグッズを使うといった方法が
あります。
特にお風呂にゆっくり浸かることはリラックス効果も得られるため
一石二鳥ですが、のぼせるほど入るのは危険なのでほどほどにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です