端午の節句で次男にも兜、五月人形、鯉のぼりを用意してあげるべき?

端午の節句と言えば男の子の節句ですが、
兄弟の場合、ひな人形のように兄弟分揃えるべきか、
一人分でもいいのか、困ってしまいますよね。
どうせなら、長男だけでなく次男にも用意してあげたいと
思う人も居るかもしれません。

実際、端午の節句とはどういう意味なのか、
人形や兜、鯉のぼりを揃える意味にも触れながら
どうしたらいいのか解決させちゃいます!

目次

端午の節句で兜(五月人形)は次男にも必要?

まずは、端午の節句について知っておきましょう。
しょうぶのせっく

端午の節句の由来とは?

古来中国では香りの強いものは厄を払うとされ、ヨモギや菖蒲(しょうぶ)を
軒につるしたり、菖蒲湯に入ることで邪気払いや無病息災のお祭りとして
行われ、奈良時代に定着しました。
「菖蒲(しょうぶ)」と「尚武しょうぶ)」を掛けて男の子の節句となっていったのは
武家社会になってからですが、元々は、鎧兜などを門前に飾り男児誕生を
周囲に知らせるものでした。
それが徐々に男児の健やかな成長と厄払いの意味を持ち、お祝いをするように
なっていったのです。

端午の節句は「厄払い」の意味があり、鎧や兜には「身を守る」役割があります。

そのため、端午の節句本来の由来を尊重するなら、
鎧兜はひな人形同様に、一人に一体あった方が良いでしょう。

ですが、兄弟がたくさんいたり賃貸住まいだと、置く場所に困りますよね。
そういう場合、「長男のもの」として購入または贈ってもらったものでも
「兄弟のもの」として飾っている人がほとんどです。
保管場所のスペースの関係や出費、飾っておく年数(子供が喜ぶのはほんの数年)
などを考えて人形そのものを用意しないご家庭も多いので、
端午の節句の由来をさほど気にしないのであれば一体あれば十分なのでは
ないでしょうか。

現在は端午の節句を由来そのものを重要視するよりもイベントとして楽しむ
ご家庭の方が多いようです。

イベントとして楽しむなら、立派な鎧兜の代わりにはなりませんが、
折り紙で兜を作るのはいかがですか?
親子で作れば楽しいし、折り紙なら兄弟分揃えてあげられますよね。
飾る場所も保管場所にも困りません。
お子さんもきっと喜ぶと思いますよ。

おりがみくらぶ

季節の折り紙→5月の中に兜の作り方があります。

鯉のぼりは次男の分も揚げるの?

兄弟
鯉のぼりには、子供の成長と将来の出世への願いが込められています。

歌にもあるように、
黒の真鯉がお父さん
緋鯉(赤)がお母さん

で、小さいサイズの鯉が子供たちとなります。

そのため、子供が増えると一匹ずつ買い足すご家庭もあります。

男の子:青・緑・紫など
女の子:黄色・オレンジなど

鯉のぼりの種類などによって一匹ずつ買い足すことが出来ない場合も
あるので、購入したお店での確認が必要です。

鯉のぼりは鎧兜ほど次男の分を買い足すかどうか考える人が少ないようですが、
将来の出世にかかっているなら買い足した方がいい気がしますね!

こちらも買い足せないような場合は、鎧兜と同じで折り紙で
家族の人数分揃えるのはどうでしょうか?

おりがみくらぶさんでは、
鯉のぼりの作り方の他、鯉のぼりの箸たて、箸袋、お菓子入れの作り方が載っています。
鯉のぼり用の折り紙のイラストテンプレートもあるので印刷して折れば
見本のように出来上がります!

まとめ

端午の節句の厄払いという本来の意味を考えると鎧兜や人形は次男の分も
買ってあげた方がいいですが、飾る場所や保管場所を考えると難しいので
本来の由来などが気にならないのであれば、兄弟で共有していいのではないでしょうか。

鯉のぼりは将来の出世への願いが込められているので、
買い足せるのであれば次男の分を買い足してあげたほうが縁起が良さそうです♪

兄弟で値段や大きさに差が出ると可哀そうですし、
どちらも手作りしたり、折り紙で作ったりして親子で
楽しい時間を過ごしてイベントそのものが楽しめれば
お子さんはそれが一番良いのではないかな、と思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です