五月人形って誰が買うべき?いつごろ買う?相場はいくら?

男の子の成長を願う端午の節句。
初節句までには人形や鎧兜も用意してお祝いしたいと思う親御さんも 多いことでしょう。
この場合、誰が五月人形を買ってあげれば良いのでしょうか?
いつごろまでに購入して飾るの?
相場はいくらなの? についてもお答えしていきたいと思います!

目次

五月人形って誰が買ってプレゼントする?

祝いたい気持ちが大きすぎてか誰が人形や鯉のぼりを買うかで 意外と揉めてしまう初節句。
一般的には母方の両親が購入するもののようですが、 地域で違いがあります。

  北海道 関東 関西
ひな人形 母方の両親 母方の両親 母方の両親
五月人形 父方の両親 父方の両親 母方の両親

同じ地方出身者同士での結婚であれば問題ありませんが、
違う地方出身者で結婚した時はそれぞれの慣習で揉めることも
あるようですので、良く話し合いをしましょう。

また、片親であったり、孫が沢山いて毎回の負担が大変という場合は
この限りではありません。
例えば、関西出身者同士の結婚で母方の両親はたくさん孫がいるけど
父方の両親は初孫という場合、「初孫だし是非出したい!」と言って
もらえるならお任せしていまいましょう。

どちらが買うかでどうしても揉める場合は、どちらかからは五月人形、
どちらかからは鯉のぼりを頂く、もしくは自分たちで用意して折半をお願いする

という方法もあります。

結局は「孫の喜ぶ顔が見たい」「お祝いしてあげたい」という気持ちが
大きい
のが原因だと思うので、両親で五月人形や鯉のぼりを用意した後、
お食事会を開くなどして孫の顔を見せてあげればいいのではないでしょうか。

ちなみにうちは女の子でひな人形をどうするか、初節句の際に両家から
かなりしつこく聞かれましたが、私たち夫婦は
「場所も取るし今は本人も喜ばないし欲しがらないからいらない。
代わりに写真館で写真を撮りたいからそのお金を援助してほしい」と言って、
写真代を頂きました。
写真館での撮影は、そこそこいい値段しますからね…

また、節句ではないですが我が家では、お祝いやプレゼントをお店で購入するときは
私(妻)の両親が一緒についてきてお金を出し、そこで一緒に
食事をしてお祝いをします。
後日、主人の両親と食事をしてお祝いをして、
帰りに適当に見繕ってお金を渡してくれるというパターンが
定着しています。
折半みたいなものですね。

人形豆知識

五月人形を買う時期はいつ頃?飾る期間は?

初節句のために、五月人形はいつごろまでに購入しておくと良いのでしょうか?

購入を検討されている場合は、結構早い時期にはお店でチェックをした方が
良いので注意しましょう。
五月人形はひな祭りが終わったころから店頭に並び始めます。
鯉のぼりや旗などで名前を入れたい場合は、飾る時期を考えると
2月中旬頃には購入しておいた方がいいでしょう。

手作りで大量生産が出来ないので、人気のあるものはすぐに売れてしまいます。
やはり買うならこだわって決めたいでしょうから、鎧兜などは品数や種類が豊富
に揃っている3月上旬に購入する
ことをおすすめします。

鎧兜などの内飾りと鯉のぼりのような外飾りとでは飾り始める時期が違います。

五月人形を飾る一般的な期間
内飾りは春分の日、3月20日頃から
外飾りは4月上旬ごろから

縁起が悪いと言われている直前や当日に飾る「一夜飾り」はやめましょう。

五月人形の相場は?

一言で五月人形と言っても、

  • 兜飾り
  • 鎧飾り
  • 武者人形

などがあります。


素材や材料、手間や人件費のかけ方、製作者の知名度などにより
似たような人形でも値段が全く違いますが、高い=良い作りではない
ので注意しましょう。
また、どこへ飾るのか、サイズをしっかり測ってから購入しないと
失敗のもととなります。

五月人形の中でも特に種類が豊富です。
兜のみのものや弓矢や刀がセットになっているものもあります。
手のひらに乗るようなサイズから、子供が実際に着用できる
サイズまであります。
相場は¥50,000~¥600,000前後。

兜は頭の防具のみですが、鎧飾り甲冑(かっちゅう)の
一式が揃っています。
(脛あてはついていない場合もあります。)
兜と違い全身防具のため、大型のものが多いです。
相場は¥80,000~¥1,000,000前後。

人形(ひとがた)で、鎧兜を着たものが一般的ですが、
童(わらべ)人形と呼ばれる金太郎や桃太郎、牛若丸なども武者人形
に含まれます。
童人形は子供の身代わりとなって災厄から守ってくれるものとして、
兜や鎧の横に並べて飾ります。
相場は¥60,000~¥400,000前後。

まとめ

五月人形を誰が買うかは地域によって違いますが、
今までの慣習にとらわれず、「お祝いしてあげたい」という
気持ちを大切にして、ご両親から贈ってあげても良いでしょう。

祖父母にお願いして揉めるようであれば、折半にしたり
人形と鯉のぼりをそれぞれお願いするなどして折り合いを
つけるといいですね。

人形を飾るのは早ければ3月20日の春分の日あたりからなので、
それよりも前に購入すると、種類も豊富なので、予算や好みに
合ったものが手に入りやすいです。

相場は飾りによってピンキリですが、基本的には高価なものなので
失敗しないように信頼できるお店での購入をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です