布製の傘の撥水加工を復活させるには?効果を長持ちさせる方法

雨の日が続くと、傘の出番が増えますね。
いつの間にか雨を弾かなくなった傘を見て
がっかりすることはありませんか?
でも、布製の傘なら撥水を簡単に戻す方法があるんです!!
その撥水効果を長持ちさせる方法も一緒にお教えしちゃいますね。
レインコートも同じ撥水加工であれば、この方法で
撥水効果が戻ります!

目次

布製の傘の撥水加工を復活させる方法とは?

amagasa
傘は、使っているうちにいつの間にか撥水効果が落ちて、
よく見ると筋状の模様が出来てしまっていますよね。
綺麗に球になって雨が流れていってくれるように、
撥水加工を復活させましょう。

必要なものはドライヤーだけ!!

【手順】

  1. 乾いた傘にドライヤー(温風)を当てます。
    2~10cmほど傘から離し、骨と骨の間の三角の布部分1枚に
    対して5分くらい当てましょう。
  2. 折り目の部分、筋状の模様が入っている部分はゆっくり動かして
    念入りに温風を当てます。

たったこれだけで、傘の撥水がしっかり戻ります!
傘の撥水効果はフッ素樹脂加工によるものなのですが、摩擦に弱く、
立っていたフッ素樹脂が寝てしまうことによって撥水効果が弱まります。
ドライヤーをかけると寝てしまったフッ素樹脂が再び起き上がるので
効果が戻ります。
そうは言っても、経年劣化で少しずつ剥がれてしまうので、長期に渡って
使用した傘にはあまり効果が得られない場合もあります。
その場合は、防水スプレーを使用するか、新調するかしてくださいね。

また、効果が戻るのはフッ素樹脂加工された傘のみ、
ビニル傘は融けたり変形する可能性があるので、
ドライヤーの温風を当てない
ように注意してください。

レインコートの撥水効果が落ちたと感じたときも、フッ素樹脂加工なら
ドライヤーの温風を当てれば元に戻ります。

レインコートなら、アイロンの方が簡単かもしれません。
アイロンを当てる場合は必ず当て布をし、低温でかけてくださいね。
同じ箇所を長時間アイロンがけしたり、当て布をしないと
融けてしまいますのでご注意を。

布製の傘の撥水効果を長持ちさせる方法とは?

ドライヤーの温風を当てるだけで撥水効果が戻るとは言っても、1本の傘の
撥水効果を戻すのに結構な時間がかかるので、そんなにしょっちゅうは
面倒だし、かけたくないですよね。
撥水効果を少しでも長持ちさせる方法をお教えしちゃいますね!

  1. 傘を綺麗に保つ。
  2. 傘をまとめる時は傘を留めるテープの部分を持って巻く。

傘の汚れも撥水を弱める原因の一つです。
中性洗剤と柔らかいスポンジを使って洗います。
摩擦に弱いので強くこすらず優しく汚れを落とします。

フッ素樹脂加工は摩擦の他油分に弱いので、手でくるくる
巻いてしまうと加工が乱れたり剥がれたりしてしまいます。
特に女性はお手入れとしてハンドクリームなどを塗って
いる場合は出来る限り加工面には触れない
ように気を付けましょう。
傘をまとめるときは、テープの部分を持って傘をまとめると
摩擦からも油分からも守れます。

また、帰宅したら傘は濡れたままにせず乾かすように
すると雑菌やカビ、嫌なニオイを防げます。

まとめ

ドライヤーの温風を当てるだけで、倒れたフッ素樹脂が再び起き上がるため
布製の傘の撥水効果を再生出来ます。
しかし、長期間使用された傘だと、どうしてもフッ素樹脂が剥がれていってしまうので、
撥水効果を再生することは難しくなってしまいます。
その場合は防水スプレーを利用するか新調しましょう。
また、ビニル傘は変形する可能性が高いので、ビニル傘にはこの方法は
使えません。

また、撥水効果を長持ちさせるには、傘を綺麗に保ち、傘をたたむときに
手を触れずにテープを持ってまとめるようにします。
特に手の脂やハンドクリームの油分は撥水効果を弱めてしまうので
傘の布部分に触らないよう気を付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です