雛人形は長女と次女の両方に用意するべき?置く場所がない時は?

一人目の女の子が生まれた時はみんなが気合いを入れていて
ひな人形買わなきゃ!と誰が買うかでもめることも
あるくらいですが、二人目ともなるとあまり立派なものだと
置く場所もないし、姉妹で人形に差が出てしまうのもかわいそうだし、
かと言って雛人形って姉妹で一組でもいいの?

そう考える方に、どうしたらいいか解決策をお教えします!

雛人形は長女と次女の両方に買うべき?




雛人形は、その子の厄を身代わりに受けてくれるという
ことから、「一人一体」
とされています。

ですが、現在は女の子が居ても、そもそも雛人形を買わない、
「しきたりにこだわらず姉妹で一つ」というご家庭も増えています。
子供も、親が「2人のもの」と教えればそれで納得しますし、
日ごろから一緒にいるわけでもなく、この時期にしかお目に
かかれないのであまり「自分のもの」と認識していないようです。

出費の面や飾る場所に困らないのであれば、購入してあげた方が
いいとは思いますが、無理して2人分揃える必要はないです。

雛人形が一つの場合は、既にある長女の名前入りの木札やオルゴールなど
の小物と同じものを次女の名前入りで用意して、
長女の分と次女の分を並べてお雛様と一緒に飾り、次女のものでもある
という認識が出来るようにするというご家庭が多く、
この方法なら簡単に真似ができるのでおすすめです。
なお、名前入りの小物はひな人形を購入したお店で作ってもらえるので
問い合わせてみましょう。

森景(もりけい)では、名前旗の扱いがあります。
期間限定でクオカードなどのプレゼントも!

なんとか次女にも何かお雛様に代わるものを、と考える
親御さんもいらっしゃいますよね。
でも、置く場所がないし…という方のために、置く場所がない時の
次女の雛人形をどうするかについてもまとめました。

ひな人形を置く場所がない時は?

おじいちゃん、おばあちゃんが買ってくれる場合は出費の心配は
いりませんが、今度はどこへ飾ればいいのか、飾る場所に困る
という方もいらっしゃいますよね?
というか、たぶん、2人目に雛人形を買うか買わないかで迷っている
ご家庭の大半はこれが悩みだと思います。
次女にも買ってあげた方がいいことはわかっているし、長女との
差を付けるのも可哀そうだけど、そんなに立派なものをいくつも
置く場所がない!

そういった場合、次女には

  • 藤娘
  • 市松人形
  • 立ち雛
  • つるし雛
などを贈ることが多いようです。

場所の関係もありますが、同じようなひな人形が並ぶより
違う人形が並んだ方がお子さんは喜ぶのではないでしょうか。

子供達には差を付けないためにひな人形は
「2人のもの」としますが、それぞれの「厄の身代わり」と
して人形の数と人数を合わせるということですね。

この中でも、つるし雛は、色が鮮やかでお人形と違い、
ころんと可愛らしい形で場所も取らず人気です。

森景(もりけい)では、50cm以下の小さな雛人形の他、名前旗、つるし雛など豊富に扱っているので、お好みのものがきっと見つかります!
期間限定でクオカードなどのプレゼントも!!

真多呂人形なら、横幅30cm以下のものから雛人形が揃っています。

まとめ

雛人形は、その子の厄を代わりに引き受けてくれるので
「一人一体」がしきたりですが、現在はあまりしきたりに
こだわらず姉妹で一組であることも多いです。
次女にも何か代わりになるものを…ということであれば
つるし雛が可愛くて人気です。
健やかに育ってほしいと思う気持ちは姉妹のどちらに対しても
同じなので、これは「姉のもの」「妹のもの」とせず、2人で仲良く
雛人形を共有すれば良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です