白スニーカーの黄ばみを落とす方法は?ゴムの黄ばみの落とし方は?

白いスニーカーは合わせやすいからお気に入りだけど、
汚れやすい色だからお手入れが大変という方も多いはず。

特に白いスニーカーに良く見られる悩みが、雨の日に履いたら黄ばんだ、
洗ったら黄ばんだ、ゴム部分が黄ばんで気になる…というもの。

どうすればこの気になる黄ばみを取ることが出来るのか
お教えしちゃいます!

白スニーカーの黄ばみを落とす方法は?

白いスニーカーに現れる黄ばみの原因は、
スニーカーの製造過程で使用したアルカリ性漂白剤の残留物
や接着剤の染み出しと考えられます。

接着剤が原因の場合

アルカリ性漂白剤の残留物が原因の場合は取ることが出来ますが、
接着剤が原因の場合、自力で取ることが出来る可能性は低く、
クリーニング店に持ち込んでも程度によってはシミ抜きで
取れないことがあります。

接着剤で黄ばんでいる場合、外国製の靴であることが多く
裏地の付いた靴によく起こります。
布同士を貼り合わせるのに水溶性の接着剤を使用しているため、水に触れると
溶けだし、表面に現れて黄色く変色してしまうのです。
買った後ではどうにもなりませんが、今後キャンバス地のスニーカーを購入する
際は、水洗い出来るものかどうかを確認するようにしましょう。
水洗い出来ない場合は、接着剤が染み出すタイプのスニーカーである可能性が
高いです。

黄ばみの原因が接着剤なのか接着剤ではないのかがわからない場合は、
一度こちらの方法で洗ってみてください。

アルカリ性漂白剤の残留物が原因の場合

アルカリ性漂白剤の残留物が原因の場合はよくすすいだつもりでも厚みのある
キャンバス地だと完全に取りきることが難しく、洗う前より黄ばみが拡がることが
あります。
でも、心配いりません。
アルカリ性漂白剤の残留物は取り除くことが出来ます!!

スニーカーの黄ばみを取る方法

【必要なもの】
・お酢:200cc
・水:4L
・スニーカー用洗剤

【手順】

  1. 洗う前に表面の砂などの汚れをブラシで取り除きます。
  2. スニーカー用洗剤でしっかりスニーカーを洗い、しっかりすすぎます。
  3. バケツにお酢と水を入れ、よくかき混ぜます。
  4. 3にスニーカーを入れ、半日漬け込みます。
  5. 4をしっかりすすぎます。
  6. 5を風通しの良い日陰で干して乾かします。

黄ばみの原因となるので、必ず日陰で干しましょう。

これで落ちなければ接着剤によるものと考えられるので、
クリーニング店に相談してみてください。

白スニーカーのゴムの黄ばみを落とすには?

スニーカーのソールも、置いておくと結構黄ばんでいることありますよね?
これは、経年劣化や日焼けによるものなので、ただ洗っただけでは落ちません。
では、どうやって落とすのか?

表面を削る

これです。

黄ばみの程度により、使用するものが変わってきます。

軽度の黄ばみ・・・メラミンスポンジでこする
中度の黄ばみ・・・クレンザーを使い、スポンジのかたい部分でこする
重度の黄ばみ・・・電動ルーターで削る

軽度の黄ばみ

よく見ると黄ばんでいるかな?くらいのものには、メラミンスポンジを濡らし、
黄ばんでいる箇所をこすれば取れるはずです。
黄ばみだけでなく、汚れも一緒に落とすことが出来ます。

中度の黄ばみ

メラミンスポンジを使っても取れなかった時は、クレンザーをスポンジの硬い方に
振りかけ、ソールを強めにこすります。
削り取る気持ちでこすりましょう。
クレンザーなので汚れも一緒に落とすことが出来ますが、しっかりクレンザーを
落とさないと変色の原因となる
ので、水拭きするか、流水で流すかしてしっかりと
クレンザーを落とします。

重度の黄ばみ

誰がどう見ても黄色い状態になってしまうとちょっとこすったくらいでは
落とすことが出来ません。
安く済ませるなら紙やすりですが、根気のいる作業なので疲れて途中でやめてしまう
恐れがあります。
特に女性は力も弱いので、電動ルーターの使用をおすすめします。
¥3,000程度とそんなに高くなく、一つ持っておけばいつでもお手入れ出来ます。
3特典【送料無料+お米+ポイント】 エアールーター AIR GRINDER 電動ルーターセット…

使用する際は、高速で回転しているので、けがをしないように気を付け、
粉塵が舞うのでゴーグルや眼鏡などで目元を保護し、マスクを着用してください。
擦れてゴムの焦げた臭いが発生するので、気分が悪くならないよう、室外で使用
しましょう。

※あくまでも自己責任でお願いします。

まとめ

いかがでしたか?
接着剤が原因の黄ばみは取れない可能性が高いですが、接着剤ではない場合は
お酢で綺麗になります。
お酢を使った場合もすすぎは十分に行いましょう。
ゴムのソール部分の黄ばみは、経年劣化や日焼けによるものなので、
削り落とすしかありません。
なるべくスニーカーを傷めないようにするためにも黄ばみの程度に合わせて
使用するものを変えましょう。

これで、すっきり白さがもどるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です