喪中はがき祖父母が自分の結婚後なくなり書き方に悩む結婚や引越しの挨拶

喪中になったときは年賀状を頂かないように喪中はがきを出すものですが、
嫁や婿に行ってから自分の祖父母がなくなった場合、

喪中はがきを出す範囲、
結婚や引っ越し報告を兼ねて良いのか悩む方、

いらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときにはどうしたらいいのか、まとめてみました。
画像と合わせてご紹介します。
変な対応をして相手にびっくりされないよう、最後までしっかり目を通してくださいね。

目次

喪中はがき祖父母が自分の結婚後になくなった時はどうする?

自分が嫁や婿に行ってから祖父母が亡くなった場合でも、
二親等までは喪に服すとされていますので、喪中はがきを出すことになります。

喪中はがきを出す範囲ですが、母方と父方の祖父母のどちらがなくなったかに
よって変わります。

母方の祖父母が亡くなった場合は、母方の親族
父方の祖父母が亡くなった場合は、父方の親族

には亡くなったことがわかっていますので出さなくて良いです。
仕事関係の方にも喪中はがきを出す必要はありません。

祖父母がなくなった場合は仕事関係の方には年賀状を出しても構わないと
されていますので、通常通りの対応をしましょう。

また、最近では別居に限っては2親等にこだわらず、年賀欠礼しないことが
多くなっているようですので親族間で相談し、理解を得られれば
年賀欠礼をしなくても問題ありません。

喪中はがきで書き方に悩む結婚報告の仕方とは?

年賀状で結婚報告をするつもりでいたのに、喪中になってしまった場合、
一緒にお知らせしたいとは思いますが、喪中はがきには年賀欠礼以外の内容は書きません
特にお祝い事は書くべきではないです。
入籍後で苗字が変わっている場合、喪中はがきの差出人は夫婦連名で出しても良いですが、
結婚したことを知らない相手へいきなり新しい名前で送ると、驚かれるかもしれません。
喪中はがきは基本的に近況報告などは入れないものなので、差出人部分に添え書きを加えて
対応し、結婚報告は、年明け1月7日以降に「寒中見舞い」もしくは「結婚報告」などの
お知らせはがきを出すのが良いでしょう。

文例,連名

>>>お洒落な写真入り結婚報告はがきならこちら<<<

引越しの挨拶を喪中はがきでするには?

結婚すると、引越しも重なっている場合が多いですよね。
その場合は住所が変わったことを相手に知らせなければなりません。
どう書けば良いのでしょうか?

喪中はがきには年賀欠礼以外の内容は書かないものなので、引越しの場合も結婚と同じく、
本文中には引越したことを記載せず、住所の上に「新住所」や「引越しました」などの
添え書き
をします。

文面,メッセージ

それでも気付かれない場合があるので、「引越し」のお知らせはがきを喪中はがきとは
別に出します

また、「引越し」はがきを出しても翌年~翌々年の年賀状が旧住所からの転送で来る場合も
少なくないようなので、その相手にはしっかりと引越した旨を伝えます。
旧住所から新住所への郵便の転送は1年間なので、相手も引越しをしてしまい、
こちらの新住所に気付かれないままだと連絡が取れなくなってしまうこともあります。
年賀状のやり取り程度の間柄の方へのお知らせは特にしっかり行いましょう。

新居へのお誘いは「クリスマスカード」や「寒中見舞い」などでしましょう。

>>>寒中見舞いについてはこちら<<<

まとめ

喪中はがきにはお祝い事や近況報告など、年賀欠礼以外の内容は本文に記載せず、
添え書き程度にとどめ、改めて、結婚、引越しのお知らせはがきを出しましょう。

年賀状を頂いてしまったときは、松の内が過ぎた1月7日以降に寒中見舞いを送ります。
マナーに厳しい人に非常識と思われないよう、きちんとした対応をしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です