敬老の日のプレゼントで喜ばれる健康を気遣うものや手作り品は?

9月の祝日には、敬老の日がありますね。
普段お世話になっているおじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを伝える日です。
しかし、意外と何をプレゼントしたら喜んでもらえるのかがわからなかったりします。

今回は小さいお子さんが親御さんと一緒に、小学生や中学生は一人でも出来る、お金をかけずにおじいちゃんやおばあちゃんに
喜んでもらえるものを紹介したいと思います。

目次

敬老の日のプレゼントで喜ばれるものは?

普段なかなか会えない場合は、電話して声を聞かせてあげるだけでも喜んでもらえると思います。
全然特別な感じがしないかもしれないですが、「いつもありがとう。」の気持ちを伝えるだけで
違うと思います。

また、手紙やカードで気持ちを伝えるのもいいですね。
カードなら、手作りしてみるといいかもしれません。
折り紙を貼り付けたり、絵を描いて送れば、世界で一つだけの贈り物になります。

敬老の日のプレゼントで健康を気遣うなら?

おじいちゃんやおばあちゃんになると、若い頃より健康に気遣っている人や
持病を持っている人も少なくないと思います。

がん治療の末、髪が薄くなり気にしている女性の方は多いので、
ちょっと難しいですが、手編みや手縫いの帽子をあげると喜ばれるのではないでしょうか。
女性はいつまで経ってもお洒落したいですもんね!

また、糖尿病を患っている人には、糖尿病の方でも食べられる料理やスイーツ
作ってみるのはいかがでしょうか。
そういった専門のサイトがあります。

楽うま糖尿病レシピ

料理を作れるようになった孫の成長を、きっと喜んでくれるはずです。

敬老の日のプレゼントで手作りするなら?

手作りで特にオススメしたいのが、デコレーションした写真立てやアルバムです。
写真立てもアルバムもデコレーションの材料も100円均一で手に入り、お手軽です。

写真立てなら縁に可愛いボタンやリボンを、ボンドや両面テープで貼り付けます。
難しい、という場合は、マスキングテープを貼るだけでもいいと思います。
100円均一でも可愛くて豊富な種類がありますよ。

アルバムは、普通のアルバムでもいいですし、ノートにマスキングテープやシールを使って
貼るだけでも可愛いと思います。

写真立てやアルバムなら、毎年贈ってもいいですし、成長を見比べることも出来ます。

まとめ

敬老の日のプレゼントは何を送ればいいのか悩みますが、
お金をかけなくても手作りで心のこもったもの、
感謝の気持ちを伝えられれば喜んでもらえるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です