岸和田だんじり祭2015日程とアクセスと駐車場、楽しむための必需品

9月の祭といえば、岸和田だんじり祭ですね。

この祭の見所は、「やりまわし」と呼ばれ、スピードに乗った地車が勢いよくカーブを曲がる姿です。

日程やアクセス、必需品を確認し、思いっきり楽しみましょう。

目次

岸和田だんじり祭2015の日程と注意点は?

今年の日程は試験曳きが9月6日(日)と18日(金)、両日とも午後2時~午後4時、宵宮9月19日(土)午前6時~午後10時、本宮20日(日)午前9時~午後10時です。

岸和田だんじり祭は危険でもあるので、注意点は必ず守り、楽しく安全に見物しましょう。

当日はだんじりの曳行が最優先です。
必ず係の人の指示に従い、移動や見物を行って下さい。

この祭は雨天でも結構されます。混雑している中での傘を差しての見物は、他の見物者や曳行の妨げになることもあり、大変危険ですので、レインコートや雨合羽を持参しましょう。
傘の使用は曳行時間以外にして下さい。

喫煙は、他の見物人や曳行中の祭参加者にやけどをさせる危険がありますので絶対にやめましょう。
脚立や椅子等の踏み台を使っての見物も他の見物者の妨げ、祭参加者の怪我につながりますので危険です。
また、だんじりの後梃子の操作を行うには、だんじりの約二倍の幅が必要ですので、だんじりが通過する際は道路を広く開け、曳行の邪魔にならない様にしましょう。
ゴミは道路に捨てず、所定のゴミ箱へ捨てるか持ち帰るようにして下さい。

岸和田だんじり祭のアクセスと駐車場

電車で向かう場合は、和泉大宮駅、岸和田駅、蛸地蔵駅のいずれかを利用します。
岸和田駅周辺は混雑が予想されますので、蛸地蔵駅もしくは和泉大宮駅を利用するのがお勧めです。
一時間前では既に大混雑で身動きが取れないかもしれませんので、時間に余裕を持って行動しましょう。

また、祭当日は広範囲にわたり交通規制が実施され、車での来場は遠慮するよう注意喚起されています。
パークアイランド、浜工業公園に駐車場があるようですが、出来る限り公共の乗り物を利用しましょう。

岸和田だんじり祭を楽しむための必需品は?

9月はまだ暑いですから、熱中症に気を付けましょう。

自動販売機は売切れが予想され、屋台は高いので、水筒を持参するといいかもしれません。
魔法瓶タイプのものに氷を入れておけば、ずっと冷たく飲めるのでお勧めです。
団扇や扇子、タオルなんかもあると便利です。
タオルは水に濡らして首に巻くと日よけにもなり、濡れた場所を仰げば涼しさを感じられますね。

また、直射日光もまだまだ厳しい季節です。
帽子をかぶれば、太陽光を遮るだけでなく、逆光だった場合も問題なく見物出来るでしょう。

早めに到着できればいいのですが、そうではない場合、人気のスポットではなかなか近寄れないので
双眼鏡があれば、遠くからでも見物出来ます。

カメラ・・・は、いわずもがなですが、絶対にお忘れなく!
地車は彫り物も見事です。是非、しっかり見て、撮って、楽しんで下さい。

まとめ

日程やあると便利なものを確認し、見物には出来る限り公共機関を利用しましょう。

9月はまだ暑いですので熱中症に気を付け、注意事項は必ず守り、安全に楽しく過ごせるといいですね。

迫力のある岸和田だんじり祭を思いっきり楽しみ、良い思い出を作って下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です