赤ちゃんの乾燥肌の原因とは?乾燥肌荒れの治し方と予防方法とは?

赤ちゃんの乾燥肌は、とにかく掻きむしり、
真っ赤になってしまって、かわいそうになりますね。

まずは乾燥の原因を知り、乾燥肌を治す方法、
再度ひどい乾燥肌にならないための予防方法について
私の子供の経験談も交えながらまとめました。

赤ちゃんの乾燥肌が少しでも軽くなるように、
是非参考にしてください。

目次

赤ちゃんの乾燥肌の原因とは?

夏場は湿気があるのであまり気にしていなかったけれど、寒くなるにつれて空気も乾燥し、
気付いた時には赤ちゃんの皮膚がカサカサ!なんてことになっていませんか?

私の子供は、夏場ですらすごい乾燥肌で、皮膚が割れてヒビが入り、
皮膚科の先生にも「夏がこれじゃあ、冬場は今から心配だね。」と言われたほどです。

赤ちゃんの乾燥肌の原因は、「湿度の変化・空気の乾燥」など気候の変化に
よるものはもちろんのこと、衣服の刺激によるものもあります。

「衣服の刺激」とは、赤ちゃんの着る服だけでなく、赤ちゃんを抱っこする親の衣服のことも含めます。
衣服の生地そのものが刺激になる場合もありますが、生地同士の相性が悪い衣服を着用してしまうと、ただでさえ冬場の乾燥した空気でカサついている赤ちゃんの肌に静電気の更なる刺激を与えることとなります。

衣服の相性を知りたい方はこちらもチェック。

また、意外と知られていませんが、赤ちゃんの肌が十分に潤っているのは新生児期のみで、
皮脂量は生後2ヶ月頃から大人の1/2以下、水分量は大人の2/3にまで減ってしまいます。
さらに、バリア機能の弱い赤ちゃんは水分が蒸発しやすいため、外界からの刺激に敏感です。
放っておくと、みるみるひどい乾燥肌になってしまうのです。

赤ちゃんの乾燥による肌荒れの治し方とは?

では、どのようにして乾燥肌を治すのかというと、生活習慣(特にお風呂)を見直します。

  1. 乾燥している箇所はお湯で軽く流すだけにする。
  2. ボディーソープではなく、固形石けんを使う。
  3. しっかり泡立て、ゴシゴシこすらずやさしく滑らせるように洗う。
  4. 長湯、熱すぎる湯はやめ、なるべく湯船に浸からず、シャワーのみで済ませる。
  5. クリームなどはお風呂場の水蒸気のあるところで塗る。
  6. 肌着は綿100%のものを着せる。

とにかく赤ちゃんの肌に刺激を与えないようにすることを心がけます。
ゴシゴシ洗いや長湯、温度の高すぎるお湯は刺激が強く、乾燥を招きます。
お湯の温度は38~40℃くらいがいいです。
私の子供は、赤ちゃん用の低刺激を謳っているボディーソープを使い続けたせいで
乾燥が進んでしまい、固形石けんに変えました。
泡立てネットを使い、ふわふわの泡を作ります。
それでも少し乾燥していたので、泡を使うのは頭、わきの下、首元、手のひら、足の裏、お尻やお股など、よく汗をかいたり汚れたりするところだけにしました。
その他の部位は2~3日おき程度にし、ぬるめのシャワーで流します。

お風呂から出たら、ザッと軽めに体を拭いてあげて、お風呂場の水蒸気のあるうちにすぐにクリームを塗ってあげます。
体を拭いた瞬間から乾燥が始まるので、時間との勝負、5分以内に塗り始めます。
塗るときは軽く皮膚を引っ張り、しわの方向に少しずつ丁寧に塗り込みます。
そうすることで、ムラなくしっかりとクリームが行き渡ります。
動き回って、そんなに丁寧に塗れない!という場合は、お風呂上りは普通に塗り、
赤ちゃんがぐっすり寝てから、再度しっかり塗ってあげるといいですよ。

デリケートな赤ちゃんでも安心して使える石鹸は、職人さんが試食して出来を確認しているほど安全な、この石けんです。

ベースの素材は人の皮脂に近い「馬油」で、職人さんが試食しているものなので、少しくらいなら赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫!
合成界面活性剤などの化学成分未使用、自然由来100%で、保湿成分が濃厚で潤いを逃さず、肌の機能を手助けしてくれます。
口に入れられるほど安全なので、どれだけお肌にやさしいかも伝わりますよね。
もっちり泡が作れます。

ベースの成分がほとんど同じで、液状なのにやさしく洗える「ベビーソープ&シャンプー」が入ったセットはこちら。

こちらも赤ちゃんが舐めてしまうことを考慮されたものなので、少しくらいなら舐めても心配ありません。
スキンケア成分が多いので、泡立てずにそのまま塗って洗い流すタイプ。
もちろん、泡立てても使えます。
他に、ママ用の全身美容オイル、ベビーオイル、保湿用ローションがついています。

肌着はヒートテックのような合成繊維の入ったものではなく、必ず刺激の少ない綿100%のものを着せます。

私の子供は1歳になり、少し肌が丈夫になったのもあるかもしれませんが、
夏場でもヒビが入るほどの乾燥肌だったのが上記の方法を行い、クリームなしで過ごせるほどになりました。

皮膚科の先生に教えてもらった方法なので、是非試してみてくださいね。

私が他に実践しているのは、泡立てネットに水とベビーオイルを付けてから石けんを泡立てるという方法です。
しっとり泡になり、ベビーオイルが適度に皮膚を覆ってお風呂場での乾燥も防げます。
オイルを混ぜると泡立たないかな?と思いましたが、意外ときめ細かなもっちり泡が出来ます。
スターターセットは、ベビーオイルも付いているのでおすすめですよ。
ベビーオイルも赤ちゃんの口に入っても大丈夫なように作られています。
基本の素材は「食べられるもの」なので安心して使えますね。

赤ちゃんの肌の乾燥を予防する方法は?

治し方と予防方法は共通していると思います。
治し方を毎日実践することにより、治った後、再度
乾燥することを防ぐことができるはずです。

それでも乾燥がひどいときは洗濯洗剤のせいかもしれません。
洗剤は、すでにお肌に優しい低刺激のものを使っているとは思いますが、うちでは、
大人のものと洗剤を変え別々に洗い、赤ちゃんの衣服には柔軟剤は使いません。
赤ちゃんの優しいお肌のため、フワッと仕上げたいばかりに柔軟剤をたくさん使っていませんか?

洗剤が残留していると、敏感な赤ちゃんの肌に刺激を与えます。
柔軟剤は、静電気を防いでくれますが、成分が繊維に残ることでその役目を果たすので、
せっかく柔らかく仕上がっていても赤ちゃんの肌への刺激となり、乾燥を招くのです。
洗濯洗剤を変えただけで、劇的に乾燥や肌荒れが治った例もあるんですよ。

ナチュラルクリーニングと呼ばれる洗濯方法に切り替え、赤ちゃんの肌を守りましょう。
ナチュラルクリーニングとは重曹・お酢・石鹸・エッセンシャルオイルなどの安心素材で掃除・洗濯することを言います。

ナチュラルクリーニングで洗濯する方法
  1. バケツや洗面器に粉石けんを入れます。
  2. ぬるま湯やお風呂の残り湯でしっかり溶かします。
  3. 粉石けんが完全に溶けたら洗濯槽へ入れ洗濯します。

ドラム式でも、しっかりと粉石けんを溶かすことで使用に問題はありません。

洗濯ものへ石鹸のにおい残りが気になるときは、石鹸と一緒に重曹を加えたり、
ハッカ油やエッセンシャルオイルを入れる、最後のすすぎの際にお酢を入れる等すると
いいですよ。
衣類が完全に乾く間にエッセンシャルオイルの香りもほとんど消えます。

しっかりと粉石けんを溶かさないと、石けんカスが衣服への残留、
洗濯槽の黒カビ発生の原因
となるので、泡だて器を使うなどして完全に溶かし切ってくださいね。

柔軟剤なしでも柔らかい仕上がりで、汚れはしっかり落ち、洗濯槽の黒カビも防いでくれる、
お肌にやさしい合成界面活性剤無配合で安心な洗濯洗剤があるんですよ。
汚れの再付着もなく、すすぎは1回で泡切れが良く、部屋干しの嫌なにおいもしないんです!!

乳酸菌・納豆菌・酵母菌をミックスした「善玉菌酵素」でしっかり汚れを落とします。
善玉菌って聞くだけで、肌に優しいのが伝わってきますよね。
医療機関に連れていく時間や手間、医療費を考ると試してみる価値ありです。

まとめ

赤ちゃんの乾燥のほとんどは湿度などの気候の問題よりも、外部からの刺激が理由のことがほとんどです。
お風呂や肌着、洗濯方法に気を使い、保湿する際は皮膚を伸ばし、しっかりと塗り込んで赤ちゃんの肌を乾燥から守りましょう。
少しでも、赤ちゃんの掻きむしりがなくなるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です