風邪の関節痛の理由とは?痛くて寝れないときや治すための方法とは?

風邪をひくと、熱が出たり、頭や喉が痛くなったり、鼻水が出たりして、
関節が痛いと、「これはいよいよ重症化!?」なんて思ったりもします。

そんな風邪による関節痛の原因と、痛すぎて寝れないときの対処法、
治すための方法についてまとめました。

少しでも早く治すためにお役立てください!

目次

風邪の関節痛の理由とは?

風邪による関節痛の原因は、体内で分泌される物質、PGE2(プロスタグランジンE2)が関係しています。
ウイルスや細菌が体内へ侵入すると、ウイルスから身体を守るために白血球からサイトカインという物質が分泌されます。
このサイトカインは過剰に分泌されることがあり、過剰な分泌によって臓器を機能不全にしてしまう恐れがあります。
そこでPGE2(プロスタグランジンE2)が分泌され、サイトカインの生成を抑制するのです。

しかし、PGE2(プロスタグランジンE2)は、関節痛や発熱といった症状を引き起こすと言われています。
したがって、風邪による関節痛は、体が風邪のウイルスと戦っているサインということになります。
感染したウイルスの数が多いほど、サイトカインやPGE2(プロスタグランジンE2)の分泌も増えるため、発熱や関節痛の痛みも、より強くなります。

風邪の関節痛が痛くて寝れないときは?

風邪による関節痛の原因はPGE2(プロスタグランジンE2)の主な働きによるものです。

  • 血管を広げ血液の巡りを良くする。
  • 発熱させ、免疫細胞を活発にする。
  • サイトカインの過剰な分泌を抑制

発熱することでリンパ球を活性化させ、ウイルスの増殖を防ぎ、免疫反応を高めています。
そのため、風邪による関節痛の時は、冷やすことで痛みが軽減します。

氷枕や濡らして凍らせたタオルなどで太い血管(内ももやひざ裏、わきの下や肘の内側)を冷やします。
冷やすことで血液の温度が下がり、血管も収縮するので、炎症による痛みが緩和します。
しかし、継続して長い間冷やしてしまうと、活発だった免疫細胞の働きが抑えられてしまいます。
風邪の長引く原因となるので、一晩中冷やすということはせず、眠れる程度に
痛みが和らいだらやめましょう。

冷やしても全く効果がなく眠れないという場合には、
解熱鎮痛剤を使って一時的に痛みを和らげ、しっかりと体を休めます。
風邪薬を飲んでしまっている場合は、解熱鎮痛剤を飲むのは風邪薬を飲んでから6時間以上経ってからにしておきましょう。
薬を飲んだらすぐに横になり、仰向けではなく右向きで寝ると、
効き目がいいような気がします。
あくまでも私の個人的感覚ですが、右向きで横になった方が、
関節痛以外の風邪の症状(頭痛、発熱、鼻づまりなど)も20分ほどで驚くほど楽になります。
ポイントは、薬を飲んだらすぐに!です。
簡単に出来ることなので、だまされたと思って一度試してみてください。

また、ペパーミントやラベンダーのアロマオイルには鎮痛作用があるので、
使ってみてはいかがでしょうか。
気分転換にもなり、いい眠りにつけるかもしれません。

風邪の関節痛を治すには?

風邪による関節痛は、免疫細胞の働きによるものなので関節痛そのものを治すというより、
風邪を治すことに注力しましょう。

38度以上の高熱や全身の倦怠感があるときは、インフルエンザに感染している可能性があるので医療機関を受診してください。

風邪による関節痛は、言葉でうまく症状を表現できない乳幼児もなっていることがあります。
風邪でぐずっているときは、関節痛が原因のこともあるので、親御さんが気にかけてあげましょう。

風邪を早く治すには、

  1. うがい
  2. 体を温める。
  3. 睡眠
  4. 水分補給
  5. 食事と栄養

が大切です。

  1. うがい
  2. うがいの仕方については、こちらを参考にしてください。

  3. 体を温める。
  4. 体を温めると体温が上がり、免疫細胞の働きが活発になるので
    風邪菌をやっつけることにつながります。

  5. 睡眠
  6. 「”風邪は寝て治す”」と言われるくらいなので、とにかく
    睡眠をとることが風邪を治す近道です。
    リラックス効果のある「カモミールティー」を睡眠前に飲むと
    熟睡することができ、抵抗力がつきます。

  7. 水分補給
  8. 風邪の時は熱による発汗などで身体の水分を失いがちです。
    電解質入りのスポーツドリンクなどでこまめに水分補給しましょう。

  9. 食事と栄養
  10. 食欲がないときは無理に食べる必要はないですが、
    その場合も水分補給はしっかりとしてくださいね。
    食欲があれば、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンC、タンパク質
    積極的に摂りましょう。

    ビタミンA
    卵(卵黄)、レバー類、うなぎ、ほたるいか、チーズ、バター
    ビタミンB1
    豚肉、うなぎ、きな粉、大豆、らっかせい、枝豆、のり
    ビタミンC
    カラーピーマン、ブロッコリー、カイワレ大根、アセロラ、キウイフルーツ、のり
    タンパク質
    しらす干し、いわし、牛肉、鶏肉、高野豆腐

    昔から、風邪をひいたときは「おかゆ」とされていましたが、
    実は穀物は消化が悪いので、ご飯よりも肉類などを食べた方が
    胃腸にやさしい
    んですよ。

    おすすめは、肉類と卵、豆腐を使ったスープです。
    もし、食欲がなくても、それぞれの食材から栄養の溶け込んだ
    スープを飲めばいいですし、食欲があるときはしっかりと具材も
    食べれるのでお腹も満足します。
    デザートや水分補給でフルーツを摂るといいですね。

    まとめ

    風邪の関節痛は、体がウイルスと戦っているためです。
    痛みで眠れないときは太い血管を冷やしたり、鎮痛剤を飲みましょう。
    風邪が治れば痛みもとれます。
    体を温め、十分な睡眠と栄養、水分をとり、少しでも早く
    風邪が治るように努めましょう。
    ご飯や野菜よりも、お肉の方が消化がいいからといって、
    ここぞとばかりにお肉ばかり食べないようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です