餅の保存の冷凍での方法、保存期間、おいしい食べ方はある?

お正月に食べきれなくてたくさん余った餅は、
きちんと保存しなくてはカビが生えてしまいます。
どうやって保存するのが一番いい方法なのでしょうか?
冷凍した場合の保存期間や冷凍した餅をおいしく食べる
解凍方法をご紹介したいと思います。

↓↓冷凍以外の保存方法が知りたい時はこちら↓↓
餅の保存方法は冷凍以外にある?アレンジ簡単レシピやおやつをご紹介

目次

餅の保存は冷凍がベスト?

やはり、餅を長期間保存するには、冷凍保存が一番です。
しかも、簡単!

必要なものは密封できるチャック付きの袋とラップのみ。

袋に入れるとき餅を重ねずに保存する場合
  1. 袋に餅を入れます。
    なるべく隙間が出来ないように!
  2. 出来る限りの空気を抜きます。
  3. チャックを閉めて冷凍します。

袋に入れるとき餅を重ねる場合は、最初に1個ずつラップに包んでから
1~3をして保存します。

面倒くさがり屋さんは、袋の枚数を増やしたり
大きなサイズのものにすればラップでくるむ
手間がなくなるので、重ねない方法が
楽ちんでオススメです♪

ポイントは、空気をしっかり抜くことです。
真空に出来る専用の袋も売っていますが、
私の親は、袋を閉めるときに少しだけ隙間を作っておき、
その隙間からストローを使い空気を吸って
出来る限りの空気を抜いています。

1週間以内に食べ切る場合は、冷蔵庫での保存でも大丈夫です。

冷凍した餅の保存期間は?

冷凍した場合の保存期限は1ヶ月ほどですが、
食べられなくなる、というわけではなく、
あくまでも美味しく食べられる期間、賞味期限です。

保存状態が良ければ、2~3ヶ月くらいまで
冷凍焼けせず、硬い部分もなく食べられます。

風味が多少落ちても気にしないのであれば1年は
食べることができます。

冷凍した餅のおいしい食べ方は?

1ヶ月程度冷凍した餅は自然解凍でおいしく食べられます。
1~2時間放置するだけです。

少しでも早く解凍したい場合は、アルミやテフロン製の
フライパンか鍋
に入れておきます。
火にかけず、置いておくだけでOK。
熱伝導が良いため、普通の自然解凍より早いです。

3ヶ月以上冷凍保存した餅の場合は、硬くなっている部分が
出てくるので、一晩以上水に浸けて水分を吸わせます。
フライパンで焼くとつきたてのように柔らかく焼きあがります。

すぐ食べたい!という時には、容器に熱湯と餅を入れて
ラップをし、レンジにかけるとやわらかくなります。
水だとなかなか柔らかくならないので、熱湯を使ってくださいね。

硬くなっている部分は乾燥によるものなので、
水を吸わせることで柔らかくなるんですね。
ひび割れた餅でも蘇ります!

餅を使った料理ならこちら。

まとめ

餅を保存するには、密封できる袋に入れ出来る限り空気を抜いて
冷凍すれば1ヶ月は美味しく食べることが出来ます。
風味を気にしなければ1年はもつので、好きな時に食べられますね。
冷凍した餅は自然解凍が一番おいしいようですが、
硬くなった餅も水に浸ければ問題ありません。
こちらを参考に餅を使った料理やおやつ作りにも挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です