年末大掃除の由来は?計画立てて順番決めてスムーズに!大掃除のコツ

年末になると大掃除をするものですが、何故、
このような習慣が出来たのでしょうか。

掃除し忘れが出ないようにきちんと計画を立てて
順番にこなしていきたいですね。

大掃除のコツにも触れていきたいと思います!

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

目次

年末大掃除の由来は?

平安時代に「すす払い」という一年のすすを払う年末の習慣ができ、
この頃から「掃除」という言葉が使われるようになりました。

一年の安泰と五穀豊穣をもたらす「年神様」が新年の初めに訪れると
されていたので、大掃除をして年神様を迎える準備をするのです。

江戸時代になると、大奥でのすす払いが12月13日に行われるようになり、
それが庶民にも広がり、定着していきました。
当時、12月13日は「事納めの日」、正月準備を始める日と決まっていました。
「すす払い」が終わると、大奥では年男と呼ばれる正月行事を
取り仕切る役職の人が胴上げされていたとも言われています。
町でも「すす払い」の後に胴上げをされ、蕎麦や鯨汁が
ふるまわれたりしたそうです。

年末大掃除計画で順番はどうする?

大掃除となると家中になるので、どこから始めようか悩んでしまいますよね。
きちんと掃除する場所リストを作って掃除し忘れないようにしましょう。

日を分けて掃除するなら、クローゼットや納戸、タンスの中などから
整理していきます。
いらないものを捨てて、必要なものはきちんとしまいます。

まず最初に始めたいのは水回りや狭い場所。
トイレや洗面所、お風呂場、キッチンです。
先に廊下や床を掃除してしまうと水が垂れた時に再度拭かなくてはなりません。
また、一戸建ての場合は2階にもトイレがあることが多いので、
先に2階のトイレを掃除してしまいましょう。
狭い場所はすぐに終わるので、達成感があり、その後の掃除がはかどります。

あとは、「奥から」がポイントです。

部屋の順番例
2階の奥の部屋(寝室)

子供部屋

2階廊下

階段

リビング

ダイニング

廊下

玄関

年末大掃除のコツとは?

奥の部屋から掃除を始めることがわかりましたが、
今度はコツは何?ですね。

コツは「上から下へ」です。

部屋の中の順番例
天井

照明器具

エアコン

カーテン類の洗濯、カーテンレールの掃除

窓、網戸、雨戸、シャッター

壁(部屋付きの換気扇)

TVなど機器類

机、テーブル、棚、姿見など

廊下、床

寝室ではベッドの上に埃が落ちてくるので、
晴れた日に掛け布団や毛布など全て干してから
取り掛かりましょう。
マットレスの方が掛け布団などに比べて掃除機で
埃を吸いやすいですよね。

忘れがちなのが、冷蔵庫の中、電子レンジの中などです。
特に冷蔵庫の中は賞味期限切れの食品が出てきそうなので、
必ず整理して年内のごみの日に出し切りたいですね。

まとめ

大掃除は新年に年神様を迎えるための習慣として始まりました。
掃除のポイントは奥から、上からです。
細かく挙げると全ては終わらないかもしれないので、
早い時期から始めましょう。
新年に入ってからの掃除は福の神を掃き出すと言われるので
年内に終わるように計画を立ててくださいね。
網戸や窓掃除は外に出なくてはならず寒いので、
年末の大掃除にこだわらず暖かい時期に済ませてしまっても
いいかもしれませんよ。

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です