ガスレンジ掃除の簡単な方法!五徳や魚焼きグリルの予防方法もご紹介!

年末になると普段はあまりやらないようなところまで
掃除をして、すっきりさっぱり気持ちの良い新年を迎えたいですね。

今回は特に格闘することになるであろうガスレンジの油汚れ、
五徳についた焦げ、魚焼きグリルの掃除方法についてまとめました。
何かと忙しい時期なので、出来れば時短で簡単に
掃除を済ませたいですよね。

そんな方法をご紹介しちゃいます♪

目次

ガスレンジ掃除の簡単な方法

気になる油汚れと言えば換気扇のほかにガス台ですね。
換気扇の掃除方法はこちら。

ガス台は浸け置きできないので、重曹セスキ炭酸ソーダ
水に溶かした液をスプレーし、その上にクッキングペーパーを敷いて
しばらく放置します。

重曹(セスキ炭酸ソーダ)水の作り方
【材料】
重曹もしくはセスキ炭酸ソーダ:大さじ1
ぬるま湯:250ml
スプレーボトル


重曹(セスキ炭酸ソーダ)とぬるま湯を混ぜ合わせてスプレーボトルに入れるだけです。

こちらで紹介したプリン状石けんを使えば、クッキングペーパーは必要ありません。

放置したら、拭き取ります。

これでも汚れが取れないようであれば、重曹を粉末のまま、
濡らしたアクリルたわしやスポンジでこすります。
粒が柔らかいので傷の心配はありません。
こする時はセスキ炭酸ソーダよりも重曹の方が適しています。

焦げを落とすときは、この方法。

ガスコンロの焦げの落とし方
【材料】
アルミホイル
粉末クレンザーを水に溶いたものもしくはクリームクレンザー


  1. アルミホイルを丸めます。
  2. 1にクレンザーをつけてこすります。
  3. こすり終えたら水拭きします。
  • 傷がつくかもしれないので、アルミホイルでこすっても大丈夫か、
    取扱い説明書を確認するか目立たない場所で試してからにしましょう。

食べ物を扱う場所なので抵抗のある方もいらっしゃるかと
思いますが、 「ブレーキ&パーツクリーナー」を使うと
綺麗に落とせます。
「ブレーキ&パーツクリーナー」を使用した後は、
成分が残らないようによーく拭いて下さいね。

ガスレンジの五徳を綺麗に掃除するには?

五徳は、吹きこぼれや油ハネでコゲが付きやすい場所です。
では、さっそく五徳のコゲを取っていきましょう。

五徳のコゲの取り方
【材料】
水:適量
重曹:水200mlに対して大さじ1
大きめの鍋やフライパン


  1. 鍋に五徳、五徳が浸かるだけの水、重曹を入れ、5分~20分沸騰させます。
    ※必ず、水から入れてください。
  2. 2時間かけて冷まします。
  3. スポンジや古歯ブラシでこすります。
  4. それでも落ちなければ、重曹の粉末を直接振りかけてこすります。
  5. 1~4を繰り返したり、煮沸時間を増やすことでほとんどのコゲが取れます。

五徳のすっぽり入る鍋やフライパンがない場合は、
シンクを使います。

シンクに60℃~80℃くらいの熱めのお湯を張り、
炭酸塩もしくは過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を入れ、
1時間程度放置します。

コゲをヘラなどでこすって落とします。

最後に、五徳の錆予防。
サラダ油をキッチンペーパーや使い捨て布に染み込ませて
五徳を磨き、余分な油はふき取ります。

ガスコンロまわりの汚れは時間が経てば経つほど落ちにくくなるので、
普段から使い終わるたびに拭く癖をつけましょう。

魚焼きグリルの掃除で簡単な方法や予防方法

魚焼きグリルは使用した後の掃除が面倒ですよね。
ついつい後回しにしていたら、こびりつきが大変なことに!
なんてこともしばしば…
でも、出来ることなら簡単に済ませたい。
そんな願いをかなえる簡単な掃除方法がありました。
力いっぱいゴシゴシする必要ないですよ!

魚焼きグリルの掃除方法
【材料】
重曹:1/2カップ
液体洗濯洗剤:大さじ2
酢:大さじ1


  1. 全ての材料を混ぜ合わせます。まとまりづらいときは、少量の水を加えます。
  2. 1をグリルの受け皿や網、グリル内の汚れに塗り付け1時間ほど放置します。
  3. 洗い流せるものは洗い流し、グリル内は雑巾などでふき取ります。

これだけで、簡単に落ちちゃうんです!!
ゴシゴシしなくていいなんて夢のようですね。

万一取れなかった場合は…

魚焼きグリルの掃除方法その2
【材料】
古布もしくはキッチンペーパー
重曹:大さじ1
ぬるま湯:250ml
輪ゴム
割りばしや菜箸など


  1. 重曹とぬるま湯を混ぜて重曹水を作ります。
  2. 箸に古布もしくはキッチンペーパーを巻き付け輪ゴムで止めます。
  3. 2を1に浸します。
  4. 3を使って庫内の掃除をします。
  5. 最後に水拭きします。

グリルが綺麗になったら、普段から予防すれば掃除も楽ちんです。

魚焼きグリルの汚れ予防方法
【材料】
水:適量
片栗粉:大さじ4~5


  1. 水と片栗粉をしっかり混ぜ合わせます。
  2. 魚焼グリルのトレイに1を入れます。
  3. 魚を焼いたら、グリルが冷めるまで待ちます。
  4. 冷めたら片栗粉が固まるので剥がして捨てます。

1時間ほどで固まります。
網には酢やサラダ油を塗っておくと魚の皮がくっつきにくくなります。

他には、受け皿に重曹やコーヒー(出し殻)敷き詰める方法があります。
どちらも脱臭効果が期待でき、魚の脂も吸ってくれるので
後の掃除が楽ちんです。

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

まとめ

油汚れにはアルカリ性のものを使うとよく落ちるので、
重曹セスキ炭酸ソーダを使います。
セスキ炭酸ソーダの方がアルカリ度が高いので、
汚れ具合で使い分けるといいですよ。

ガスコンロ回りは忙しいと後回しにしがちなところですが、
普段のマメな掃除が後々の大掃除を楽なものにしてくれます。
特にグリルは簡単に汚れ予防が出来るのですぐにでも実践して
くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です