赤ちゃんの脱水症状の症状と対処法、ならないための予防法とは?

まだまだ暑い季節ですので、熱中症や脱水症状にならないか、気になりますよね。

特に赤ちゃんは、まだ喋れないので具合が悪くなっても自分で訴えることが出来ません。

ここでは、赤ちゃんの脱水の症状、予防と対処法について紹介します。

しっかりと頭に入れ、赤ちゃんを脱水から守りましょう。

目次

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?

赤ちゃんは大人に比べ体内の水分量が多く、肝機能が未熟なので尿として水分が喪失されやすいため、脱水しやすいと言われています。

脱水とは、水分摂取量の減少、発熱する、汗をかくなどの水分排出量の増加など、
何らかの原因で体液が欠乏状態にあることです。
体液とは、水分及び電解質のことをいいます。

赤ちゃんの脱水症状が疑われる場合は

  • 元気がない、もしくは落ち着きがない
  • 大泉門や眼窩部が陥没している
  • 皮膚の弾力性が低下している
  • 尿量の減少がみられる
  • 舌・口唇が乾燥している
  • 両手、両足からの冷汗がある
これらをチェックして下さい。

  • ぐったりしている、もしくは機嫌が悪く激しく泣き続ける
  • 汗や涙、尿が出ない(少ない)
  • 呼気が荒い
  • 下痢や嘔吐を繰り返す
などの症状は重度の症状になります。

脱水症状になってしまった赤ちゃんの対処法は?

重度の症状がみられる場合は、自分で何かしようとはせず、すぐに医療機関を受診します。

軽度の症状の場合は、子供用の経口補水液を飲ませます。
スポーツドリンクやイオン飲料は、経口補水液に比べ糖質濃度が高く電解質濃度が低いので、脱水症状がみられる場合は適していません。
経口補水液は、体液と同じ水と電解質が素早く吸収出来るように配合されていますので、
水などの他の飲み物は何も混ぜずに飲ませます。

大人用のものを飲ませることは、塩分や糖分が多すぎて赤ちゃんの腎臓に負担をかけて
しまいますので、水で薄めて与えることもやめておきましょう。
また、甘いので脱水症状がなくなった後も欲しがることがありますが、
肥満や虫歯の原因になるので普段は与えず、病気の時にだけ飲ませるようにしましょう。

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、母乳だけで十分のようです。
母乳を飲んでくれない場合は、経口補水液を飲ませてみて様子をみましょう。

水分が摂れたら、涼しい部屋で寝かせます。
顔が赤い場合は頭を高くし、顔が青白い場合は、足を高くしてあげましょう。

快復が見られない場合は、医療機関を受診します。

脱水症状の赤ちゃんの予防法とは?

夏場の外出は汗をかくので水分を欲しがらなくても、とにかく水分補給をします。
直射日光は肌や粘膜を乾燥させるので、帽子をかぶらせます。

外出時には首や脇の下、足の付け根など、太い血管の通る場所を保冷剤や濡らしたタオルで
冷やしてあげると涼しくなるのでオススメです。

室内でも、汗をかくような暑さの場合はエアコンや扇風機をつけるなどしてなるべく
涼しくし、こまめに水分補給させましょう。
正常な状態では経口補水液を摂らなくても良いので、水や麦茶、母乳を飲ませます。

また、汗をかくとカリウムが失われています。
海草類やスイカやバナナなどの果物、豆類などに多く含まれているので、
母乳を与えているお母さんや離乳食のお子さんに
積極的に摂って欲しいですね。

まとめ

脱水症状は命にかかわるほど、重症になることがあります。
赤ちゃんは自分で訴えることが出来ないので、
お母さんやお父さんがこまめに水分補給をさせて予防してあげて下さい。
それでもなってしまい、万が一、重症と感じたときは、すぐに医療機関へ
連れて行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です