お風呂場パッキンのカビ取り、床の水垢掃除、排水口の臭い対策とは?

水回りであるお風呂場はぬめりや臭い、
カビと何かと掃除が大変です。

大掃除では他にも掃除しなければならない
場所があるので、出来るならササッと
済ませたいですよね。

簡単でもしっかりと汚れを落とす方法を
ご紹介します。

お風呂場のカビの原因は天井にあるので、
まずは天井を掃除します。
お風呂場の天井掃除が終わっていない方は
こちらをチェック。

目次

お風呂場のパッキンのカビ取り方法とは?

ゴムパッキンには、防カビ剤入りのシリコン系充てん材が使われています。
この防カビ効果は約2年間持続します。
普段から気にして掃除をしていないと2年経過してしまったために、
いつのまにか黒カビが出来てしまっていた、なんてことになるんですね。

ナチュラルクリーニングと、普通のカビ取り洗剤を使った方法を
ご紹介します。

まずは、身なりをきちんとしてから掃除に入ります。

【準備編】
  • マスク
  • エプロン
  • ゴーグルもしくはメガネ
  • ゴム手袋

カビ取りをする際は、乾いた状態で行ってください。
濡れていると、きちんとした効果が得られません。

ゴムパッキンの掃除の仕方

ナチュラルクリーニング編

【用意するもの】
  • 酢(クエン酸):50ml(大さじ1/2)
  • 水:100ml
  • 重曹:適量
  • スプレーボトル
  1. 酢と水をスプレーボトルに入れます。
  2. ゴムパッキンに吹きつけます。
  3. 2の上から重曹を適量振りかけます。
  4. 3の上からさらに酢水をスプレーし、1時間程度放置します。
    カビはすぐに死滅しないので、きちんと時間を置くことで
    液がカビに行き渡り落ちやすくなります。
    より浸透させたい場合は、キッチンペーパーに酢水を含ませた
    ものを被せます。
  5. スポンジや古歯ブラシで軽くこすります。
    強くこするとゴムパッキンが傷むので優しくこすります。
  6. 水で流します。

酸素系漂白剤を使った掃除方法

【用意するもの】
  • 粉末酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム):50g
  • 洗濯用粉せっけん(界面活性剤無配合のもの):50g
  1. 粉末の酸素系漂白剤と粉石けんを混ぜ合わせ、
    ペースト状にします。
  2. パッキンに塗って、上からラップをし一晩放置します。
  3. 古歯ブラシで軽くこすります。
  4. 水で流します。

ゴムパッキン用カビ取り剤を使った掃除方法

【用意するもの】
  • ゴムパッキン用カビ取り剤
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  1. ゴムパッキン用カビ取り剤をパッキンに塗ります。
  2. 1の上からキッチンペーパーを被せてさらに上から
    ゴムパッキン用カビ取り剤を塗ります。
  3. 2をラップで密閉します。
  4. 1時間放置します。

これで取れない場合は、新しい物に取り替えるしかありません。

  • 塩素系カビ取り剤はアルカリ度が高く、アルミやステンレスの浴槽を
    変色させる恐れがあるので、マスキングテープやラップなどで
    薬液が付かないようにしましょう。

酢スプレーを吹き付けると黒カビ発生の予防になりますが、
塩素系カビ取り剤の後に使用する場合は、しっかりと
塩素系カビ取り剤を洗い流してからにしてください。

  • 有毒なガスが発生して大変危険です。

お風呂場の床の水垢掃除の仕方とは?

お風呂場の床のピンク汚れは、「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌です。
実は空気中に存在しているので、お風呂場だけでなく、
水分があるところならどこでも付着して増殖してしまいます。
ストレス耐性や繁殖能力が非常に高く、特有の膜構造のため
洗剤や乾燥に強いので、菌が付着すると3~4日ほどでピンク色が
目に見えるようになります。

ピンク汚れはカビではありませんが、カビの発生原因と同じなので、
ピンク汚れのできた場所は、のちにカビが生えてくることになります。

こすって落とせたように見えても、菌自体は残っているので
さほど日が経っていなくても再びピンク色になります。

ピンク汚れの落とし方

【用意するもの】】
  • エタノール
  • キッチンペーパー
  • ブラシ
  1. キッチンペーパーにエタノールを含ませます。
  2. ピンク汚れのある床に被せます。
  3. 10分ほど放置したらペーパータオルを外します。
  4. ブラシでこすります。

一番の予防方法は、床の水分を拭き取ることです。
面倒かもしれませんが、お風呂から上がったら
床を拭くように習慣づけましょう。

お風呂場の排水溝の臭い対策とは?

排水口の臭いの原因は、石鹸やシャンプー、リンスなどの洗浄剤や
髪の毛、皮脂、垢などの汚れが排水口に詰まり、雑菌が混じって
腐敗したことによるもの
が多いです。

排水口の目皿の汚れから落としていきます。
髪の毛を捨て、目皿に付着した石けんカスなどを落とします。

こちらでも紹介した重曹とクエン酸(お酢)使った方法で
掃除すると簡単です。

【必要なもの】
  • 重曹:1カップ
  • クエン酸(お酢):小さじ2(お酢の場合は半カップ)
  • お湯:1カップ
  1. 重曹目皿や排水口全体に多めに振りかけます。
  2. クエン酸とお湯を混ぜ(お酢の時はお湯は不要)、
    重曹の上からかけ流します。
    重曹とクエン酸が反応して発泡してきたら
    排水口の蓋をするとさらに効果的です。
  3. 10~30分ほど放置後、お湯を流します。

▼こちらの動画はシンクの排水口ですが、お風呂場も同様です。


これで排水口は綺麗になります。

それでも臭い場合は、下水から空気を吸い上げている
せいかもしれないので、窓や吸気口を開けて換気扇を
つけてみてください。

何をやってもお手上げの場合は、業者を頼んで
見てもらうのもいいかもしれません。

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

まとめ

パッキンのしつこい黒カビは、薬液をキッチンペーパーで
パックをして軽くこすります。
強くこするのはパッキンが傷むので厳禁です。
ピンク汚れはアルコールで原因菌を撃退できます。
排水口の臭いは汚れなどの詰まりが原因であることが
多いので、髪の毛などを取り除き、きちんと掃除をします。
それでも臭いが消えないときはプロを呼んでみましょう。

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です