おせち料理の由来や意味とは?重箱の歴史とは?通販予約する時期は?

お正月料理と言えばおせちですね。
毎年、なんとなく食べているけど、
なんでおせち料理をお正月に食べるのか気になりませんか?

お子さんにもわかりやすく説明していきたいと思います。
合わせて、重箱の歴史とおせちのおすすめ通販もご紹介します。

目次

おせち料理の由来や意味とは?

おせち料理の起源は古く、平安時代と言われています。
宮中では、中国から伝わったとされる季節の変わり目「節日(せちにち)」に
神様にお供えをし、宴を催す行事「節会(せちえ)」が行われていました。
「節日」とは、元旦のほか五節句と呼ばれる1月7日、3月3日、5月5日、
7月7日、9月9日のことを言います。

この時に出されていた料理を「御節供(おせちく、おせつく)」といい、
これが「おせち」の言葉の起源とされています。

また、おせち料理や素材には、それぞれ意味があります。

黒豆……………………無病息災、魔除け、「まめ」に働き「まめ」に暮らせるように。
お多福豆………………福が多くなるよう祈願したもの。
数の子、里芋…………子供(たまご、子芋)がたくさんなることから子だくさん、
          子孫繁栄
田作り…………………肥料として使われていた時代もあり、豊作を祈願する。
ごぼう…………………土中でしっかり根を張ることから、細く長く幸せに、
          家の土台がしっかりとして繁栄する
かまぼこ………………日の出を象徴し、紅は魔除け、白は清浄を表す。
昆布巻き………………「養老昆布」と書いて「よろこぶ」と読ませ、不老長寿を願う
伊達巻…………………巻物に似ているため、勤勉を意味する。
栗きんとん……………その色から財産や財宝を表し、商売繁盛、金運を招く縁起物。
海老……………………腰が曲がるまで長寿でいられるように。
鯛………………………「めでたい」の語呂合わせによる縁起物。
れんこん………………穴が開いているため、将来が見通せるようにとの縁起物。
ぶり、くわい…………出世魚であることから、「出世」を願う。
たけのこ………………成長が早いため、すくすく育つように。
くるみ…………………殻が硬いため、強固な絆、家庭円満。
紅白なます……………紅白の色合いからお祝いの水引を想像させる。
          「根菜のように根を張るように」との願いも。

全てではないですが、ご参考までに。

おせち料理の重箱の歴史とは?

重箱の歴史は室町時代にまでさかのぼりますが、
当時はお菓子などを入れるための容器でした。
お菓子は庶民の口に入るようなものではなかったため、
江戸時代になるまではあまり普及しませんでした。

江戸時代になると、大名や武家が花見などの行楽の際に
重箱に料理を詰めて持ち運び、今のお弁当箱のように使ったことから、
より広く一般に広がったとされています。

現在のように、重箱におせち料理が詰められるようになったのは
江戸時代後期になってから。

何故、おせちの入れ物が重箱なのかというと、
「めでたいこと(縁起のよいもの)が重なるように」という願いを込めてのことです。
同じ理由で、結婚式ではパールのネックレスを重ね付けしたりしますよね。
重箱は、一年でもっともめでたいお正月の料理を入れるのにピッタリだったというわけです。

また、正式な段数は四段重になります。
上から一の重、二の重、三の重、一番下の四段目は縁起の悪い「死」を連想させないよう、
与の重と呼びます。

それぞれのお重への詰め方
一の重…祝い肴(黒豆、数の子、ごまめ(田作り)、たたきごぼうなど酒のつまみ料理)
二の重…口取り(かまぼこ、昆布巻き、伊達巻、栗きんとんなど甘いもの中心)
三の重…焼き物(魚や海老の海の幸)
与の重…煮物(野菜類など山の幸)

おせち料理の通販予約をする時期はいつ?

自分で作るのもいいですが、ここ最近は洋風のお節や豪華な
おせちなどたくさんの種類が出ているため、買って食べる方も
多いのではないでしょうか。

おせちの予約開始は早いところで8月~9月頃、消費者が購入し始めるのは
10月~12月、予約が集中するのは予約締切の12月中旬~下旬頃です。
12月でももちろん購入出来ますが、数量限定のおせちは品切れになって
いることが多く、お店によっては早割がありますので購入を検討している
場合は、選べるおせちの多い10月ごろには行動しましょう。
お得に購入するなら断然早割利用です!
お店にもよりますが、約30%割引だったりします。

そこで、おせちを「買う派」の方のために通販おせちを集めてみました。

リゾートトラスト オンラインショップ
会員制ホテル「リゾートトラスト」のオリジナル商品が手に入るのは
ここだけ!
楽天など大手有名ショッピングサイトでは手に入りません。
高品質で料理長こだわりの味がご自宅で楽しめます。
リピーターも多いです。

↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
リゾートトラストのおせち料理

東京正直屋(彩食ひろばONLINE STORE)
テレビでも紹介された神田川俊郎氏監修の人気おせち。
最新の冷凍技術で、本格料亭の味をそのままご家庭で味わえます。
数量限定の生おせちあり。
和風、洋風、中華など種類も豊富。
予算別でも選べ、おせちだけでなく、お祝い、お返しにも。

↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
大満足51品目おせちは東京正直屋

【かに本舗】通販店『匠本舗』
カニ入りや伊勢海老入りおせちはいかがですか?
全国の料亭・名店が監修した匠本舗オリジナルの料亭おせち。
彩もあざやかで豪華です。
早割り中!数量限定。
ほかにもカニしゃぶ、お刺身、訳あり品などがあるので一度サイトを覗いてみては?
送料・代引手数料無料。

↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
【匠本舗】お正月は人気の料亭おせちで!

まとめ

おせち、重箱の起源は古く、平安時代や室町時代です。
それぞれ、お正月の縁起物としておせちの中身一つ一つにも意味があり、
重箱にも「めでたいことが重なるように」との願いが込められています。

現在では様々なおせちがあるので、通販などを利用して
家族みんなでテーブルを囲み、美味しいおせちでお正月を祝ってみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です