蔵王温泉で日帰りの貸切可能な温泉、露天風呂、 源泉かけ流し

温泉はいつ入っても気持ちいいですね。
特に涼しい季節は身体が芯からポカポカに
温まるので、何度でも温泉に入りたくなるものです。

今回は、蔵王温泉に場所を絞って、特に知りたい方が多いと思われる
日帰りでも貸切出来る温泉、露天風呂、源泉かけ流しをご紹介します。

目次

蔵王温泉で日帰りでも貸切が出来る温泉は?

家族やカップルでの利用なら、貸切が出来た方が一緒に入って
一緒に出られるので相手を待たせたりすることがなくて
気楽に入れますよね。
日帰りで貸切出来る温泉は山形蔵王温泉には少ないので必見です!!
では、さっそくご紹介していきます。

堺屋・森のホテル ヴァルト ベルク

強酸性硫黄泉。
効能は、きり傷、やけど、慢性皮膚炎、筋肉痛、関節痛、運動麻痺など
貸切ではない温泉利用は、大人(中学生以上)¥1,000、小学生¥500、
幼児は3名まで無料で利用できます。
4名から1名ごとに¥500かかります。
駐車場は無料で利用できます。

▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉清水坂889-1
電話:023-694-9300
日帰り入浴時間: 11:00~14:00
貸切料金:45分¥3,240
アクセス:
URL:http://www.waldberg-zao.com/

大平ホテル

貸切ではない日帰り入浴は¥700。
他にも日帰り昼食付きプランや12:00~21:00の日帰り2色プランが
あります。
酸性泉、切り傷、やけどのほか、冷え性や婦人病などに効きます。
駐車場無料。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉825
電話:023-694-9422
日帰り入浴時間: 12:00~17:00
貸切料金:30分¥1,000
アクセス:福島飯坂ICから車で約2時間
URL:http://www.oohira.co.jp/

お食事処・お泊り処・お湯処 ろばた

敷地内に自然湧出源泉があり、ほとんど酸化することなく
新鮮な源泉。
もちろんかけ流しで、檜造りのお風呂です。
駐車場完備。

▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉字川原42番地の5
電話:023-694-9565
日帰り入浴時間: 10:00~15:00
貸切料金:入湯税1名につき¥75、1室(2~4名)1時間1名¥800、追加1時間ごとに¥700
アクセス:山形蔵王ICより西蔵王高原ライン経由約20分、国道13号線経由約30分
URL:http://www.t023.com/~zao/index.html

五感の湯 つるや

貸切でない日帰り利用は、大人¥500です。
「湯楽通り」と呼ばれる4つの貸切風呂があります。
駐車場完備。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉710
電話:023-694-9112
日帰り入浴時間: 13:00~16:00
貸切料金:50分¥2,100
アクセス:山形蔵王ICより西蔵王高原ライン経由約30分
URL:http://www.tsuruyahotel.co.jp/

蔵王温泉で日帰り露天風呂のおすすめは?

山形県の蔵王温泉での貸切出来る旅館は少ないので、
貸切ではありませんが、露天風呂をご紹介します。

立ち寄り温泉 源七露天の湯

緑に囲まれ、広々とした露天風呂。
源泉かけ流しで、消毒なども一切していないので、
純粋に温泉が楽しめます。
料金もお手頃。
駐車場無料。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉荒敷862-1
電話:023-693-0268
日帰り入浴時間: 9:00~21:00
料金:中学生以上¥450、小人(3歳~小学6年生)¥250
定休日:水曜日午前中(終日の場合もあり)
アクセス:山形蔵王ICより西蔵王高原ライン経由約30分
URL:http://www.zao-gen7.com/

蔵王センタープラザ

有料の個室休憩室のほか、無料の休憩室があり、
温泉に浸かった後もゆっくりできます。
夏は紫陽花を見ながら、冬は雪見風呂を楽しめます。
レストランもあるので食事と温泉の両方を満喫できます。
駐車場は有料で、平日¥500、土日祝日・年末年始¥1,000です。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉903-2
電話:023-694-9251
日帰り入浴時間: 6:00~21:30
料金:大人¥600、小人¥400
個室休憩:1名¥1,500(税別、入浴料込)
アクセス:山形蔵王ICから西蔵王高原ライン約30分
URL:http://www.center-plaza.jp/index.html

ホテル喜らく

男女ともに内風呂、露天風呂があります。
景色が見えるような作りではないですが、
その分周囲から見えるといった心配はないです。
駐車場無料。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉935-25
電話:023-694-2222
日帰り入浴時間: 11:30~15:00
料金:大人¥500
アクセス:山形蔵王ICから西蔵王高原ライン約30分
URL:http://www.zao-kiraku.co.jp/

蔵王温泉で日帰りの源泉かけ流しはどこ?

蔵王温泉では、ほとんどが源泉かけ流しの温泉です。
貸切ではありませんが、温泉を楽しめる施設をご紹介します。

湯の花茶屋 新左衛門の湯

温泉と個室休憩室、食事の日帰りプランもあり。
時間制限なく入浴できます。
男湯女湯それぞれに大露天風呂、四・六の湯、かめ風呂などが楽しめます。
入浴回数券もあるので、比較的近くにお住いの方は便利です。
駐車場は3時間まで無料。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉川前905
電話:023-693-1212
日帰り入浴時間:平日 10:00~18:30、土日祝 10:00~21:30
料金:中学生以上¥700、小学生¥400、幼児¥200
定休日:不定休
アクセス:山形蔵王ICより西蔵王高原ライン経由約30分
URL:http://www.zaospa.co.jp

おおみや旅館

大正ロマンを感じさせる、レトロな佇まいの館内。
酸性のお湯で、湯上りは体が軽くなること間違いなし!
肌を白く滑らかにすると人気の「美肌の湯」です。
駐車場無料。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉46
電話:023-694-2112
日帰り入浴時間: 10:30~14:00
料金:大人¥525
アクセス:山形蔵王ICより西蔵王高原ライン経由約30分
URL:http://www.oomiyaryokan.jp/

かわらや

パパに嬉しいビール・おつまみ付き入浴券もあり。
お子さんでも入りやすく、汗疹にも効きます。
湯船の底のすのこから源泉が湧き出しています。
部屋での休憩は2時間¥2,000。
駐車場無料。
▼基本情報

住所:山形県山形市蔵王温泉43
電話:023-694-9007
日帰り入浴時間:5~9月 9:00~20:30、10月~4月 9:00~20:00
料金:大人¥450、小人¥250
アクセス:山形蔵王ICより車で約20分
URL:http://www.kawarayaga.com/

まとめ

蔵王温泉は、どこも源泉かけ流しであることが多く、日帰りでも
楽しめることがほとんどです。
露天風呂もあったりと、何度も足を運びたくなる温泉郷です。
貸切や露天風呂利用の場合は、電話で事前に問い合わせをしましょう。
土地柄、冬場は露天風呂が閉鎖されていることもあるので、
ホームページや電話で確認を。
ゆっくりと温泉に浸かり、日ごろの疲れを癒してくださいね。

↓↓↓合わせて読みたい↓↓↓
蔵王観光を子連れでするなら?食事のおすすめは?宿泊費の安い宿は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です