明治神宮の初詣の混雑具合と混雑する時間帯は?何日まで初詣出来る?

明治神宮は、関東だけでなく、全国的に有名な初詣スポットです。
毎年の参拝者数は全国で一位と、凄まじい混雑を見せます。
きちんと計画を立てて行くと出来る限りの混雑を避けられたり、
準備ができます。

そこで、明治神宮の混雑具合や混雑する時間帯、
三が日を避けるなら何日まで初詣出来るのかを調べました。

さっそくチェックしてくださいね。

目次

明治神宮の初詣の混雑はどのくらい?

元旦だけでの参拝者数は不明ですが、三が日での参拝者数は
300万人以上
です。
一日あたり約100万人という人数が明治神宮の本殿を目指して
歩くので、全然進みません。

初詣の時には、普段は使われていないホームが臨時ホームとして
開設されるので、意外と大鳥居まではスムーズに歩けます。

臨時改札口の開設時間
大晦日  23:00~終夜
元旦       ~17:00
2~4日     ~17:00

大鳥居に着いたら、黒山の人だかりを前に、極寒の中、ただひたすら
進むのを待つのみです。

一番混む時間帯に行ってしまうと、本殿まで到着するのに3~4時間も並ぶことになります。

荷物になりますが、温かい飲み物を入れた水筒(魔法瓶タイプ)や
ホッカイロを持っていくといいですよ。
ペットボトルなどはすぐ冷めてしまい、体を温められなくなるので、
簡単に冷めない魔法瓶タイプの水筒が大活躍します!

ですが、トイレの心配もありますので、飲み物はほどほどに
しておきましょう。

明治神宮の初詣の混雑する時間帯は?

待ち時間,順路
年明けすぐの元旦午前0~3時、お昼過ぎは非常に混雑します。

特に一番並ぶのは、年明け後すぐ~3時までで、
この時間帯は3~4時間並ぶ
覚悟で行きましょう。

逆に空いている時間帯は元旦なら午前3時過ぎ~午前10時ごろ。
この時間帯なら元旦でも50分~1時間ほどで賽銭箱までたどり着けることが多いです。

また、電車なら小田急線の参宮橋駅から行くと混雑回避できます!!

JR原宿駅より近い上に人が少なく、立ち止まることなく歩けます。
参宮橋駅から降りた場合は、参宮橋~西門~西神門ルートになります。
混雑時でも、正門ルートに比べたらはるかに空いているのでおすすめです。

2日~3日だと、開門時間の6時40分~10時ごろ、閉門時間1時間~30分前
ごろに参拝すると比較的空いています。

開門時間と閉門時間
大晦日  6:40~0:00
元旦   0:00~19:00
2日   6:40~18:30頃
3日   6:40~18:30頃
4日   6:40~18:00頃
5日以降 6:40~16:20
大晦日~元旦にかけては閉門しませんので、終夜お参り出来ます。

明治神宮の初詣は何日まで初詣出来る?

初詣は、「元日詣」と呼ばれる風習からきたものなので、
元々は「元旦」のみに行われていましたが、
現在では「三が日中」「松の内中(1月7日まで)」「1月中」と、
特に決まりはありません。
1月中で自分が行けるときに行けば大丈夫です。

社会人の方は出社前に初詣なんてどうでしょう?
早朝の時間帯は空いてますし、空気が澄んでいて清々しいですよ。
その日一日は特にご利益がありそうです。

また、初詣は一度だけでなく、何度してもいいものなので、
混みすぎて全然ゆっくり参拝できなかった…なんて方は
再度ゆっくり参拝しに行ってみては?

まとめ

明治神宮は三が日の参拝者数全国1位の初詣スポットのため、
大変混雑します。
特に、元旦になりたての0~3時の間は極寒の中、3~4時間
並ばなくてはなりません。
防寒対策は過剰なくらいしっかりと行い、トイレも済ませて
おいた方が無難です。
早朝は長くても1時間ほどで本殿まで到着できるので、
混雑が苦手な方はこの時間を狙いましょう。
また、あまり日にちにこだわらないのであれば、三が日の過ぎた
1月中に参拝すれば、混雑を避けられます。

新年早々、初詣のせいで風邪をひかないようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です