川崎大師の初詣の混雑状況は?混雑時間は?営業時間はいつまで?

関東の初詣スポットは、全国でも1~3位を独占、
川崎大師は、三が日の参拝者数全国第3位です。
年によっては全国第2位になることもあり、
かなり混雑する場所です。

少しでも、混雑を避けるためにこちらを読んで、
空いている時間帯を狙って行ってみてくださいね!

目次

川崎大師の初詣の混雑状況は?

川崎大師は、厄除け大師として有名で、三が日の参拝者数は約298万人にのぼります。
大変な人出なため、入場規制がかかるほどです。

※入場規制は元旦の18時には解除されます。

また、出店が多く参道が狭くなるため、行き来が大変です。
まっすぐ歩くのもままならないほど。
時間帯にもよりますが、小さいお子さんを連れてベビーカーでの参拝は
やめておいた方が無難です。

寒い中で何時間も並んでいると必ずと言っていいほどトイレに行きたくなりますので、
並ぶ前に済ませておいた方がいいでしょう。
トイレの混雑もすごいです。

冬の夜中の極寒の中に3時間も並ぶと体が芯から冷えるので、
ホッカイロなどを持って冷えない工夫をしてくださいね。

心臓から離れているつま先やふくらはぎを温めてあげると、
全身が暖かく感じやすいらしいですよ。

三が日を過ぎても1月中の土日は混雑が続きます。

川崎大師の初詣の混雑時間は?

カウントダウン待ちの方が到着し始める大晦日の22時頃からだんだんと
混みはじめ、年明け直後の0時~3時頃までが川崎大師での初詣の混雑ピーク
なります。

大晦日の夜からは1時間程度、混雑ピークの0時~3時までの時間帯は
表参道から大本堂まで3時間は待ち時間があると考えてください。
また、8時~15時頃は元旦だけでなく2日以降も大変混雑します。
逆に、空いている時間帯は

元旦    3:00~8:00、15:00~閉門時間
2日以降  6:00~8:00、15:00~閉門時間

になります。
早朝と夕方は比較的空いているので、ねらい目です。
元旦なら特に5:00~6:00が空いています!

川崎大師の初詣の営業時間は何時まで?

カップル,デート
早朝や夕方に参拝予定の方は、川崎大師の営業時間が
何時から何時までなのか気になりますよね。

川崎大師大本堂の参拝時間
大晦日   6:00~0:00
元旦    0:00~20:30
2日・3日 6:00~18:30
4日以降  6:00~18:30

境内は終日開放されています。

社会人の方は、出社前や帰宅途中に初詣するのも
おすすめです。
特に朝は清々しい気分になれ、仕事もはかどるかもしれませんよ。

まとめ

川崎大師は非常に混みあう上に露店が多いため、大変歩きづらくなります。
ヒールやベビーカーなどはやめておきましょう。
混雑のピークに行くと3時間は並ぶことになるので、並ぶ前にトイレは
済ませ、並んでいる間もなるべく水分は取らないでおいたほうが無難です。
長時間寒空の下で並んでいると風邪をひく恐れがあるので、防寒対策は
しっかりと行ってくださいね。
混雑をさけての参拝なら、早朝か夕方がねらい目です。

↓↓↓合わせて読みたい↓↓↓
川崎大師の初詣渋滞はどのくらい?交通規制は?駐車場はどこにある?
川崎大師の初詣への電車でのアクセス方法や電車内の混雑、特別ダイヤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です