川崎大師の初詣渋滞はどのくらい?交通規制は?駐車場はどこにある?

川崎大師は場所がら、車で向かう人も多い場所です。
三が日の参拝者数は約298万人であるので、渋滞は
必ず起こります。

車で川崎大師へ初詣へ行く方のために、
渋滞情報、交通規制、駐車場についてまとめました。

是非、参考にしてくださいね。

目次

川崎大師の初詣渋滞はどのくらい?

川崎大師へ車で行くと、国道409号線は「進まな過ぎてどうにもならない」
といった声が聞こえるほど。
産業道路・首都高速大師ICからも、第一京浜国道15号線方面
からも渋滞が続きます。

国道409号線の下り方面では「根崎交差点」を先頭に、上り方面では
「大師河原交差点」を先頭に6:00~19:00の間で3km~4kmほど渋滞し、
通常5分で通過できるところを40分
はかかります。

「大師河原交差点」は産業道路東京方面から右折で国道409号線へ
入る車で混雑するので、右折レーンが大渋滞します。

ですので、裏ワザとしては(そんなにたいしたものではないですが)、
大師河原交差点を右折せず直進、「塩浜交差点」で右折し、
富士見通りに入ります。

「大師河原交差点」で右折するより断然早く川崎大師へ近づけます!!

川崎大師の初詣期間中交通規制はあるの?

川崎大師の初詣期間中(大晦日の夜から三が日)は、交通規制がかかります。

交通規制期間
12月31日(大晦日) 22時~1月1日(元旦)19時まで
1月2日・3日各日   22時~19時まで

東門駅通商店街、大師本通商店街、川崎大師表参道などでは
露店出店のため歩行者専用道路になり、川崎大師周辺道路はほとんどが
車両通行止めとなります。

そのため、車で行っても電車と同程度の距離を歩くと思っておいた方が
いいでしょう。

川崎大師の初詣に行くのに駐車場はどこにある?

川崎大師には自動車交通安全祈祷殿・参詣ご信徒専用駐車場があり、
無料で利用できますが、700台と台数に限りがあります。

▼川崎大師には自動車交通安全祈祷殿・参詣ご信徒専用駐車場

そのほか、公園外周や周辺にコインパーキング、民家が駐車場を
有料で貸し出し
ています。
こちらも人気で満車のことが多く、いずれも渋滞しないように、
駐車場待ち行列を作ることは許されないので、
タイミングが合わないといつまでも周辺をグルグル回ることになります。
一番スムーズでおすすめなのは、
「近隣の駅周辺駐車場に車を停めて、電車も利用して向かう」方法です。

電車利用も、駅からの混雑でなかなか進まないですが、
車でいつまでもいつ空くのかわからない駐車場周辺をグルグルしながら
待ち、やっと停められたと思ったら人混みでまた混雑…となるよりは
ずっとスムーズに川崎大師へたどり着けます。

小島新田駅

〈タイムズ川崎田町2丁目〉

神奈川県川崎市川崎区田町2丁目10
24時間入出庫可
最大料金駐車後24時間¥1,000

京急川崎駅

〈タイムズ京急川崎駅前〉
駅近で便利!

神奈川県川崎市川崎区駅前本町21
24時間入出庫可
最大料金(24時まで):月~金¥1,200、土日祝¥1,400

〈川崎テックセンター駐車場〉
穴場!

神奈川県川崎市幸区堀川町580−16
最大料金:¥1,500
営業時間 8:00~22:00

まとめ

川崎大師は全国で3位の初詣参拝者数、交通規制も行われているので
大渋滞を覚悟で行った方がいいです。
特に周辺駐車場では駐車場待ちが出来なくなっているので、
いつまでも周辺をグルグルしているよりは、近隣の駅で車を停め、
電車利用もした方がスムーズに参拝出来ます。

年始でいきなりイライラしないよう、しっかり計画を立てて行って
くださいね。

川崎大師の初詣の混雑状況は?混雑時間は?営業時間はいつまで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です