お盆とお彼岸の違いは何?お彼岸に墓参りするのはなぜ?いつ行くの?

お盆とお彼岸って、両方お墓参りに行くし、似ているような、似ていないような。
毎年なんとなくしてるけど、違いって意外と知らないですよね。

ここでは、お盆とお彼岸の違いについてや、なぜお彼岸にお墓参りするのか、
いつ行けばいいのか?
そんな疑問にお答えしますので、是非役立てて下さいね。

目次

お盆とお彼岸の違いは?

お盆には、釈迦の弟子の目連が教えに従って七月十五日に亡くなった母親の供養を行ったという故事があるそうです。
この時、盆を用いて供養をし、「お盆」の呼び名は、この供養に用いられた「盆」が由来しています。

お盆の期間は、一般的に7月13日~16日までの4日間、もしくは8月13日~16日までの4日間になります。
13日の朝に掃除をし精霊棚を飾って、夕方頃に迎え火を焚いてお墓参りをし、ご先祖様をお迎えに行きます。
そして、ご先祖様を家に招きしっかりと供養します。
16日の午後~夜に送り火を焚いて見送ります。
お盆は、ご先祖様を家に招いて供養する行事なのです。

お彼岸の「彼岸」とは仏教用語で「向こう岸」という意味で、極楽浄土を指します。
仏教では極楽浄土は西方十万億土の彼方、西の方角にあるとされていて、
春分、秋分の日には太陽が真西に沈むため、極楽浄土の方角がはっきりわかります。
ご先祖様が三途の川の向こう岸(彼岸、いわゆる極楽浄土)へ無事に渡れるようにと、供養を行うのです。
その、春分、秋分の日を中心として、前後三日間、合計七日間をお彼岸としています。
お彼岸は、お盆と違い、ご先祖様を家には招きません

お彼岸に墓参りするのはなぜ?

仏教を日本に広めたとされる聖徳太子が、「お彼岸」の行事を初めて行ったという説があります。

彼岸とは、簡単に言うとあの世、その反対は「此岸(しがん)」と言い、こちら側、この世のことを言います。
仏教では、太陽が真西に沈み、極楽浄土の方角がはっきりわかる春分、秋分の日は、あの世とこの世が最も通じやすくなる日と考えられています。
そのため、あの世のご先祖様の安らかな成仏を願い、供養するのにふさわしい日とされ、墓参りの習慣がついたのです。

仏教の教えでは、この世は煩悩だらけの世界で、あの世はそうした煩悩とは無縁の世界です。
お彼岸は、日々の煩悩に埋没することのないよう、煩悩とは無縁である極楽浄土のご先祖様を偲ぶいい機会なのです。

お彼岸の墓参りはいつ行けばいい?

お墓参りは彼岸の期間中毎日する必要はなく、いつ行っても良いとされています。

仕事などで都合がつかない場合は、仏壇に線香を手向け、手を合わせます。
仏壇もない、という場合は、お彼岸以外にも墓参りは出来ますので、
自分の都合の良い時に墓参りしましょう。

時間帯についても決まりはないのですが、墓地という特質上、変質者の出没、
置き引き被害の恐れもあるので、夕暮れ時や夜間は避けます。
特に女性一人でのお墓参りは注意が必要です。

中日を避け、晴れた日の午前中なら、渋滞もなくオススメです。

墓参りの作法

  1. 墓についたらまず清掃
  2. 墓石に水をかけ、タワシやスポンジでこすり綺麗にする。
  3. 墓が綺麗になったら、花と線香を供える。
  4. 束になっている線香に火をつけて供える。
  5. 手桶から柄杓で水を汲み、墓石にかけてから合掌。
  6. いくつか墓石がある場合は、古い祖先の墓から拝む。

まとめ

お盆とお彼岸の違いはわかったでしょうか。
ご先祖様を家に招いても招かなくても、敬い、供養することには変わりありません。
なかなかお墓参り出来ない場合は、都合のついた時にご先祖様へご挨拶に伺い、
日ごろの感謝を伝えられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です