引越しのおすすめ時期、見積もり時期、仏滅より大安の日にするべき?

一年の中で特に引越しが多いのは3月~4月の間だと
思いますが、同棲や結婚を機に引っ越す人なんかはこの時期
以外になる人も多いですよね。
その場合、いつ頃が安く引越せるのか、見積もりはいつ頃だすと
いいのか、大安の日に引っ越した方がいいのか?
など、気になる情報をまとめました。

目次

引越しのおすすめ時期はいつ?

引越し代金を安く済ませられれば家具などにお金をかけられるので、
何月が一番安いのか、引越し時期を自分で決められる場合は
重要なことだと思います。

ズバリ!!
引越し費用が一番安い時期は6月~9月です!
この時期は、繁忙期が過ぎて引越しする人が少なくなります。
また、6月は梅雨の時期でもあり、祝日もありません。
雨の日には引越しってしたくないですよね。
しかも、引越しって体力や根気が必要なので、
休みの少ない時期にしようと思う人って少ないのです。

物件数は、1月~3月比べて少ないですが、1月~3月は
引越す人が多い分、いい物件があったらすぐに決めないと
他の人にとられてしまうかもしれないので、ゆっくり決められません。

6月~9月は閑散期に入り、ゆっくり物件をいくつも見て選ぶことが
出来る上、家賃設定が見直されて繁忙期に比べ安く設定されている
ことも多く、引越し代だけでなく家賃面でもお得です。
特に家賃は毎月のことなのでかなり重要ですよね!

↓↓↓物件探しなら↓↓↓
【新築のお部屋がすぐに探せる!】

引っ越し料金は、土日祝日よりは平日の方が安いことが多く、
一日の中では午前中よりも荷物を取りに来る時間が曖昧になってしまう
午後便の方が安くなる傾向にあります。

午後便は、県外など遠くに引越す場合は暗くなると運びづらくなるため
引越し業者の方から不可とされる場合もありますので、
見積もり時に相談してみてください。

引越し見積もりをする時期はいつがいい?

引越しの見積もりを出すには、「引越し先の住所」、「引越しの希望日」、
「引越し先に運ぶ荷物」
が決まっていなければなりません。
この3つが決まっていないと、引越し業者は見積もりを出すことが
出来ないのです。

エレベーターの有無、引越し先の物件前までトラックが入っていけるか
などでも料金が変わります。
また、どのくらいの荷物があって、どの大きさのトラックをいつから
いつまで押さえておく必要があるのか?で引越し業者は見積もりを出します。

処分するつもりだったけど、処分できなかった。と引っ越し当日に
ベッドやタンスなど大きめの荷物が追加になると別途追加料金を
取られる場合もあるので注意
しましょう。
逆に、見積もり時は処分するつもりのなかったベッドを処分したから
と言って料金が安くなることもないので、安く済ませるなら、
運ぶ荷物は見積もり時には、はっきりさせておく必要があります。

さて、「引越し先の住所」、「引越しの希望日」、「引越し先に運ぶ荷物」
がきちんと決まったら、いつ見積もりを出すべきか?ですが、
これは、なるべく早く見積もりを出しましょう。
トラックの予約がたくさん空いていると、時間や料金にも融通が利きます。
特に、トラックの空きがたくさんある日なら、引越し業者は多少安くしてでも
この日にトラックを動かしたいと思うので、安くしてくれる可能性は
高いです。
引越し予定日の1ヶ月前までには見積もりをお願いしましょう。
2週間~1週間前まで迫ってしまうと料金が割高になるだけでなく
トラックの空きがなくて最悪引越しできないなんてことになって
しまうかもしれません。

↓↓↓一括見積もりなら↓↓↓ 引っ越し料金が最大50%安くなる!?
引越し価格ガイド2

引越し侍2

引越しは仏滅より大安の日がいい?

「大安吉日」ということで、引越しも「大安」を選ぶ人が
多いかと思いますが、大安であることを気にしない人には
「仏滅」をおすすめします。
料金が安くなったり、利用者数が少ないためにサービスが
良くなったりと、大安に比べ色々とお得
です。

逆に「大安」であることを気にする人もいるかと思います。
ですが、そんなに都合よく希望日と大安が合わないという方
の対策としては、引越し当日より前の大安の日に新居へ
何かしら荷物を置き、その日を「引越し日」とする
ことです。

荷物は運びやすいものや、すぐに使わないものなどが良いでしょう。
生活用品のストックや季節外の服などがおすすめです。
その他、お茶碗やお箸など毎日使うものを先に運び込むと、
その日に引越しを済ませたことになる
ので、縁起を気にする人は
是非、この方法をとってみてくださいね。

まとめ

引越しのオススメ時期は閑散期の6月~9月。
この時期は物件数が落ち着き少ないですが、
その分家賃が安くなっていたり、引越し予定の人が
少ないため、ゆっくり選べたり、引っ越し料金も安かったりと
いいことずくめです。
「引越し先の住所」、「引越しの希望日」、「引越し先に運ぶ荷物」
が決まったら、一か月前には見積もりを出してもらいましょう。
引越し日が大安以外でも気にならない方は仏滅を選ぶと
料金も安くなったり、サービスが良くなったりする可能性が高いので
おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です