引越しの荷造り日数は?手順とは?キッチン用品の荷造り方法とは?

引越しをする際は、必ず荷造りをしなくてはなりません。
ですが、順序立ててやらないとまだ引越していないのに
一度梱包した段ボールを開封する必要がでて、
面倒なことになります。

ここでは、荷造りの荷造りに必要な日数や手順、
台所用品の荷造りのコツを教えちゃいます。
少しでも楽に荷造りが終わるようにチェック必須です!

目次

引越しの荷造り日数はどのくらいかかる?

引越しの荷造りは3週間前、遅くとも2週間前には始めるように
しましょう。
少し早いと思うかもしれませんが、段ボールに詰めるだけと
甘く見ていると意外と終わらない
ものです。

引越しは、要らないものを捨てるのにとてもいい機会です。
捨てずに全部段ボールに詰めていると段ボールが足らないなんてことも
多いので、必要かどうか迷うなら捨ててしまうのも手です。

2~3日前には荷造りが終わるつもりですると、万一段ボールが
足りないということになっても買い足せるので焦ることもありません。

引越しの荷造りの手順とは?

まず、荷造りは物単位ではなく、部屋単位で行います。
奥の部屋から始めると梱包した段ボールが邪魔になりません。

「季節はずれのもの」「普段使わないもの」「時々使うもの」
「毎日使うもの」の順に荷造りをします。

季節外れのもの
季節外れの小物類や洋服は、すぐに使うことはないので段ボールが手に入ったら
すぐにでも入れてしまいましょう。

普段使わないもの
生活用品のストックや文庫本、ゲーム、アルバムなどの思い出のものは
しばらくしまい込んでいても困らないので引越し日の2週間前には
段ボールに入れるようにしましょう。

時々使うもの
引越し日の一週間前くらいに始めます。
引越しまでの生活を考え、使わないと判断したものから荷造りします。
使いそうなものは段ボールの上の方に入れ、閉じないで置いておくなど
の対処をしましょう。

毎日使うもの
毎日使うものを全て当日まで梱包せずにいるわけにもいきませんので、
2日前には出来る限りのものを詰めるようにします。
お皿や鍋などは数を減らして残しておくようにしましょう。
当日の朝まで使うものは、それ用の段ボールを1つ残して置き、
その中に全て入れます。
引越し先でもすぐに開けられるように目印を付けておきましょう。

引越しの荷造りでキッチン用品の荷造り方法とは?

引越しで一番大変なのは台所です。
特に、冷蔵庫の中は考えて消費していかないとたくさん残って
もったいないことになりかねません。

賞味期限切れのものはどんどん捨てて、当日食品が残らないように
使っていきましょう。

冷蔵庫は前日までに中身を出してコンセントを抜き、扉を開けておきます。
引越し当日は、蒸発皿に溜まった水を捨てます。
こうすることで、冷蔵庫から霜や氷が溶けたことによる他の荷物の
水濡れを防げます。

皿やコップなどの割れ物は、一つずつ包む!
これは常識と言えば常識ですね。
ですが、面倒なんですよね、これ。
私のような面倒くさがり屋さんにおすすめの裏技があります。

その方法は簡単!

  1. 同じ大きさの皿やコップを重ねます。
  2. セロハンテープを皿が動かないよう裏→表→裏ときっちり留める。
  3. 裏ワザ

  4. 2に対して十字に留まるようにもう一度、裏→表→裏と留める。
  5. 簡単な方法、

  6. 新聞紙等クッション材で包むだけ。

テープをはがした時に若干粘着部分が皿やコップに残ることもあります。
また、私はこの方法で一度も割れたことはありませんが、
実践された方が割れてしまっても責任は取れませんので、
自己責任でお願いします。
箱詰めする際は、底や側面にもクッション材を入れて割れないように
してくださいね。

まとめ

余裕を持って荷造りするなら3~2週間前には始めましょう。
季節外れのものや普段使わないものからどんどん段ボール箱に
詰めていきます。
直前まで使うものは当日用の箱に入れ、引越し先でも
すぐに開けられるように目印を付けるなどしてわかりやすくしておきます。

冷蔵庫は前日にはコンセントを抜き、水漏れ対策をして、
他の荷物が濡れないようにしましょう。

お皿などは面倒ですが、一枚ずつクッション材で包みましょう。
裏ワザを使う時は、自己責任でお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です