風邪と花粉症と鼻炎の症状の違い、なる人とならない人の違いとは?

春になると暖かい陽気が気持ちいいですが、 そうも言っていられないのが花粉症の方たちです。 まだ、花粉症になっていない方も、この時期に くしゃみや鼻水が止まらないと花粉症になったのではと 心配になりますよね。 区別の付きづらい、風邪や鼻炎の症状との違い、 花粉症になりやすい人となりづらい人の違いについて まとめました。

目次

風邪と花粉症の症状の違いは?

くしゃみや鼻水が出る場合、風邪の初期症状と花粉症の 区別が付きづらいです。

一番わかりやすいのは、目に症状が出るかどうか。

目がかゆかったり、涙が出るようであれば、花粉症の可能性が高いです。

また、咳や痰、発熱、頭痛、全身の筋肉痛が感じられる場合は、 風邪であると考えられます。

まれに花粉症でも咳や発熱、頭痛を感じる人も居ますが、 特に症状が重く出てしまう人に限るようです。

喉の痛みや鼻水、くしゃみといった症状がある場合の 花粉症と風邪の区別の付け方がこちら。

症状 風邪 花粉症
のどの痛み 唾を飲み込むと痛い。 唾を飲み込んでも無痛。
かゆみが出ることも。
鼻水 黄色く粘度が高い。 無色透明でさらっとした液状。
鼻づまり 両穴詰まることは稀。 かめないほど両穴がつまることも。
くしゃみ 連続でも2~3回程度。 頻度や回数が非常に多い。

マスカラをする女性は、まつ毛に花粉が付きやすくなるので、 なるべく控えると多少は症状を抑えられるかもしれません。

ひどいムズムズにスッキリ緑茶

花粉症と鼻炎の症状の違いとは?

花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種であるため、 鼻水、くしゃみ、鼻づまりといった症状が見られます。

アレルギー性鼻炎の主な原因は、カビ・ダニ・埃・ ペットの毛です。

それに対し、花粉症の原因は杉やヒノキなど植物の花粉であることが 大きな違いになります。

そのため、室内で症状が重く、屋外へ出ると症状が軽くなる場合は、 アレルギー性鼻炎、逆に室内の方が症状が軽く、室外だと症状が重くなる 場合は花粉症である可能性が高いと言えるでしょう。

また、アレルギー性鼻炎は季節に関係なく一年中症状が現れ、
男性や学童に多い傾向にあります。

花粉症になる人とならない人の違いは?

花粉症になる人の多くは親も花粉症であることが多いため、
大きな要因の一つに遺伝があります。

必ずしも遺伝するわけではありませんが、親のどちらかが 花粉症だと子供にも遺伝することが非常に多いです。

また、不規則な生活や栄養の偏った食生活を続けることも アレルギー体質になりやすい原因と言えます。

インスタント食品やスナック菓子、食品添加物の多く含まれた食品、 油の摂りすぎ、
肉類ばかりを食べて野菜をあまり食べない食生活を 繰り返している方は今からでも改善
しましょう。

他にも、一定量を超えた花粉を体内へ取り込むと花粉症を発症 するとも言われています。

この一定量には個人差があり、人によって年間に吸い込む花粉の量も 違うため、
一定量をいつ超すかはわかりません。

体内に取り込まれたアレルギー物質(花粉)を無害化するための抗体が
増え続けて一定の水準を超すと、アレルギー反応として目のかゆみ、 くしゃみ、
鼻水などが出ます。

そのため、花粉の季節にはマスクなどで花粉を体内に取り込まないよう 注力しましょう。

まとめ

花粉症はなった人にしかわからない辛さやイライラがあります。 目や喉のかゆみ、さらっとした無色透明の鼻水など、 風邪や鼻炎とは違った症状が出ます。 花粉症にならないためにも、規則正しい生活や栄養のバランスの 整った食生活を心がけ、花粉の季節はマスクなどをして 極力体内へ花粉を取り込まないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です